DSC00525_cts

三年ぶりの個展です。昨年夫を見送り、おひとり様の状況になりました。久々にキャンバスに向かう日々の中で、これからの私にとって心の拠り所となるものは、やはり絵を描く事かなと改めて感じています。新しい扉を開けて、今までとは違う何かを探して行きたい、そんな心境です。
笹田敬子
爽やかな透明感のある詩的シリーズmemoraphilia (記憶の温もり)から色彩は抑制されimageは断章となり、耳を澄ませば意識下のカタストロフィーが浄化された哀しみを通奏低音として微かな調べをうたっている。
島田 誠


1F deux 2016年 4/2(土) 〜 4/13(木)  12:00〜19:00
*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜16:00