須飼秀和

11年前の同じ12月に須飼秀和は初個展をギャラリー島田で行なった。
その時に郷愁を描く画家として次代を担うと紹介したが、後の長期にわたる新聞連載や絵本の仕事などで世界が大きく広がった。
須飼の自然や人に注ぐ静かな気迫を孕みこんだ純な眼差しがとらえた凜とした抒情が、私たちの記憶の中にまどろんでいた情景とシンクロし、
しなやかに解きほぐされながら忘れられない自身のものとして立ち上がり、穏やかにしかし熱く抱きしめる。
島田 誠
1F deux 2015年  11/28(土)〜 12/9(水)  12:00〜19:00
*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜17:00