石井一男

1992年6月25日に初めて出会いました。まだ作家ともいえない頃。
儚げに消え去りそうな存在でありながら描かれた女人からは聖なるものが匂いたっていました。
あれから23年。蝸牛のごとき足跡を辿ればその熟成を感じることができます。
その後の熱狂は自身は預かりしれぬことで私たちはその岸辺から静かに離れるようにしてきました。
その小さな船に積まれた今回の作品は石井さんが石井さんのための新しい旅を始めたことを伝えようとするものです。
島田 誠

 


従来より展示点数は少ないですが、2日目から7日目までは各日、5点程度の新作を展示替えいたします。
したがって初日に来なければお求めいただけないということではありません。ご都合の良い時にお運び下さい。
初日、二日目につきましては、開廊前より混雑した場合、整理券をお配りし、整理番号順に15名ずつご入場していただきます。
10:30 入場整理券配布
11:00 第1グループ入場
11:30 第2グループ入場
12:00 第3グループ入場
入場10分後、整理番号順に購入受付を行ないます。


 

B1F 2015年 11/28(土)〜 12/9(水)   12:00〜19:00
*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜17:00