大塚温子

日常の中でふと感じることや、過去や未来の想像など遠い記憶をたどりながら作品を描いていましたが、
自分にとって、もっともっと当たり前なことって何だろう〜と考えるようになりました。
そして、ふだん無意識に描いている三角や四角の無機的な羅列や有機的なカラフルな表現を描いてるうちに、
心もなんだかコンペイトウみたいにはじけてきて、、。心は直角に曲がれないけれど、新たな方向としての作品、
どうぞよろしくご高覧ください。
大塚温子

大塚温子の三回目となる個展。遠い記憶を古層を掘り当てるように誠実に辿ってきた大塚が、まるで
蛹が羽化(emerge)したように変容(metamorphose)してみせた。解放された線と踊る色。
新しい視座をえた喜びが素直に伝わってくる。さあ、旅立ちの行方はどこへ。
島田誠

1F deux 5/9(土)〜5/14(木)  12:00〜19:00
*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜16:00