上住雅恵2

2000年以降、組作品として数枚の絵から1つの作品を構成する表現方法で発表し続けてきましたが、今では、独自のスタイルとなりました。 この組み作品とは、複数の絵を連ねることによって空間の広がりやシーンが展開していく連続性をねらっています。 最初、「Door & Window」のNew Yorkシリーズの組み作品から始まり、それ以降、形態は変化しながらも組作品として構成する表現方法を続け、最近では、「Aqua」 や「Air」 のテーマに取り組んでいます。
ひとりの空間が好きで、、、、 新天地をわがままにさまようことが好きで、、、、 その心地よい空気が私の活力の源となっているようです。
…….と書き連ねましたが、口下手の私にとっては、自分のことや自分の作品について語るのは苦手です。 ギャラリーにて、”なま” の私の作品と接していただき、”じか” に私を感じ取っていただけることを望んでいます。
上住 雅恵

 

上住雅恵は、ニューヨーク、サンタフェ、パリ、プロヴァンスの風景を組み作品として発表してきた。そして、今回はニュー・メキシコである。黄と緑と土のグラディエーションは僅かな起伏のある大地にも見えるが、黄色の顔料となる雌黄(しおう)と雄黄(ゆうおう)を混在する熱帯常緑樹の色彩分布のように透明で乾いた空気こそがAirと題された抽象空間としての上住のテーマであり、周到に選びとられた色彩と画家の目で、景色を切り取り、自分の内面に今、生じている感覚こそを大事にし、組み作品としての叙景詩とする理由である。
島田誠

 

B1F 5/2(土)〜5/13(水)  12:00〜19:00
*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜17:00

 

上住雅恵HP http://www.masaeart.com/