スクリーンショット 2015-03-24 13.52.34 作品の「完成形を描くか」ではなく「どう描くか」というプロセスを重視している。 制作の過程で自ら作り出した独創的な道具と媒体の反応時間を利用し、刹那が永遠になる瞬間を捉える。 Max Kong MAX KONGの今回のテーマは水である。水は地球を抱き、人を抱き、生きとし生けるものの命の源として支える。MAXの描く水は赤道直下の強い陽光に耀き照り強いエネルギーを発して眩い。そ れは海に囲まれた平坦な水源のない島国シンガポールに生きる者として単なる印象を超えてラディカルな表現としてある。 島田 誠 1F deux 4/11(土)〜4/16(木) 12:00〜19:00 *火曜日は 〜18:00、最終日は 〜16:00