岩井博石

[座る人]と題した人物画を描く。絵画としての物語性や人物の喜怒哀楽などの表情を描くのではなく、その[存在]や[背後に有るもの]をいかに表現し画面に定着出来るかを、主眼におき制作しております。また、小品の[だいこん]や[かぼちゃ]なども同様に自然が造りだした私達の身近にある食材にも着目し、その[存在]を従来の光と影の表現や固有色からの脱却を目指し、試行錯誤の日々であります。自分が思い描く絵に少しでも近づける様、描き続けて行きたいと思います。皆様方のご批評、ご高覧のほど心よりお願い申し上げます。
岩井博石

岩井博石さんのギャラリー島田初個展です。篆刻家、洋画家として幅広い活動を積み重ねて来られました。岩井さんの求道的な厳しい姿勢は、全身自画像とも言える、どっしりとした磐のごとき「坐る人」が象徴しています。しかしその姿は泰然ではなく内に滾るものを抱き、耳を澄ませば深い処からの地鳴りが聴こえてきます。
島田 誠

1F deux 8/30(土)~ 9/4(木) 12:00 ~ 19:00
*火曜日は ~18:00、最終日は ~16:00