花咲く庭は何処にある。
彼女はきちんと歩いて来た。
混沌の世界から見るその様は
完璧に調和の取れた世界が
あるんじゃないかと想える様。
真っ新の赤ちゃんの目でみるような。
それが彼女の戦い方。
注がれた愛情に応えることが自分の幸福で在ると驚く程の自覚を持った。
花咲く庭はどこにある。
実はそこかしこに。
みえなくっても
種さえあれば
自分で育てることだってできる。
だから一緒に歩いてゆこう。
土が干上がったと涙を流しミミズが居ないじゃないと土を掘り。
日が登らなければ月の光で。
私達は人間だから一年生き伸びれば随分と逞しくなる。
貴方が大切に思うもの
育てれらるようにだってなれるかもしれない。
疲れたら座り込んで。
そして一緒に絵を描こうよ。
さあ。花咲く庭を育てに行こう。
私の若い友人に私が学んだ事。
辻井潤子

辻井潤子さんのギャラリー島田での初個展です。当ギャラリーとは様々な繋がりがあり
初めてとは思えないのですが、シンガポール在住、当地では知られた作家です。
蚕が色彩豊かな繭(まゆ)を吐き出し、自らの蛹(さなぎ)を覆うように、内なる感情が
油彩、アクリル、ペンによって形を成し、形を消しながら不思議で多様な曼荼羅が生まれます。
それは自身のメタモルフォーゼ(変身)であり、謎めいて美しいのです。
島田誠

1F deux 5/3(土)— 5/8(木) 12:00 — 19:00
*火曜日は —18:00、最終日は —16:00

SIF.Hor.CMYK.Pos