1990年秋に渡仏して早や24年、そして今年は個展をするようになって20年の節目を迎えます。思えば、第一回開催の時も 「久しぶりに京都の桜が見たいので・・・」と、4月にさせていただきました。以来、我が師の「しつこい様だけれども描くしかない」との言葉どうりに、とにかく毎年発表して作品を通じ、何と沢山の方々に支えて頂いたことか。。。。大感謝です。フランスでも絵のお陰で 素敵な人達と出会います。長年、窓辺をテーマに描いていたので、近所の住人がバカンスで留守の時「好きなだけ描いてて」と部屋のカギを貸してくれたり、通りで会っても「芸術の為に、美しい空気を吸ってね!」とか「次の展覧会はいつ?」と、日常の挨拶からも、「絵描きよ頑張れ!」が伝わって来るのです。友人の科学者が「芸術と科学は似てるね。それは、元々存在する何かを理解して分析・分解し、その人のセンスで再構築する。しかも常に驚きと感動を持って。。。」と言ってました。ともあれ、この環境で力が出ないとは何ごとかと自身を叱責しながらも、仕事に取り組む毎日です。
最後に、個展開催を快諾下さった島田氏に心から感謝致します。
木村章子

ギャラリー島田初登場の木村章子さんをフランスからお迎えします。長い冬が終わり、待ち望んだ春を迎えた、パリの喜びのエスプリを軽やかに纏ったような、木村さんの世界にふさわしい季節にご登場いただきます。プリズムの乱虹彩のごとき耀きを重ね削り、その中から浮かび上がる穏やかで美しい日常の形。招かれたお部屋でゆったりとくつろぐようなひとときを共に・・・
島田 誠

1Fdeux 4/5(土)— 4/10(木) 12:00 — 19:00
*火曜日は —18:00、最終日は —16:00