板橋文夫MIX DYNAMITE TRIO『DO SOMETHING!-神戸からの祈り』

南輝子CDプロデュース記念
DO SOMETHING! から WE INSIST! へ南 輝子 展

太陽や水の恵みを受けて大地がはぐくんだ野菜は、艶やかに漲り歌い踊る。そして食されることによって私たちを支える。南輝子はそれらを讃え抱きしめともに踊る。しかし現実はその命の連鎖は断ち切られてきた。南さんと私とジャズピア板橋文夫さんは「Do Something」のメッセージを発してきたが、南さんはそこからもう一歩前へと主張する。「We insist」「われわれは主張する」は1960年、黒人解放運動のときのマックス・ローチのアルバムからきている。
もちろん、これは南さんの創作とも関係している。いま、そのテーマの大作に挑んでいるという。オバマ大統領が誕生し、とりあえず動こうとしているアメリカに比べ、わが国のなんという閉塞。私たちもこれからは「We insist」!!

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~16:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子2 会場の様子4
会場の様子6 会場の様子5