笹田敬子展 -memoraphilia-

大阪から神戸に向かってくると左右の海山の風景だけでなく、透明な空気と清明な光を感じる。笹田さんはそうした神戸らしさを体現した作品の旗手として颯爽と登場した。しかし、音楽に触発された詩的シリーズからメモラフィリア(記憶の痕跡)のシリーズへと進むにつれ、色彩は抑制され、Imageは複雑さを増すとともに感情への浸透力が強くなってきた。2年ぶりの個展で新境地に挑みます。

島田 誠作品のタイトルの memoraphilia という言葉は、オランダのあるメディアアーティストの造語で「記憶の温もり、痕跡」という意味です。私の中に堆積した記憶の中から漠然と浮かび上がるモノ、その想いをキャンバスの上に線と色で、ゆっくり時間をかけ明確なカタチに表現出来ればと思います。

笹田敬子笹田敬子さんのHPができました。
http://keisasa.seesaa.net/

◆B1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子2
会場の様子5 会場の様子3
会場の様子4 会場の様子6