内海聖子展

3年ぶりの個展です。ボールペンで描いている微細な丸が、集積することによってミクロの世界へ誘う。僅かな大小の違いが、濃淡となり、凹凸となり拡散し収斂する。 凝視すれば、作家の内奥の宇宙的な無限の旅の同行者となる。描くという行為、描かれた線はクールで乾いているのに、連綿と繋がることで、にわかに粘性を帯び、熱線を放射する。今回は、さらに緻密さを極め、密やかな雄弁が交響しシンクロし、空間を満たす。

内海聖子さんは、ボールペンを使ってミクロとマクロに揺れ動く、不思議な世界を作りだします。今回は、さらに様々な表現への試みに挑戦され、その集中力には驚嘆したします。御気付きだと思います。

島田誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6