上前智祐版画展

上前先生は1920(大正9)年生まれですから、今年90才になられます。具体美術協会創立から解散までの会員ですが、最近の「具体」華々しい再評価の中で、地道な上前先生の仕事は十分な脚光を浴びたとは言えません。工場のクレーマンという仕事を続けながら、「縫い」を初めとする、緻密な反復作業に立脚した美の凝視と雄弁な表現で語る物質感に溢れたマチエールを持つ作品を紡ぎだしてこられました。その精力的で弛みない挑戦は、巨人と呼ぶに相応しいのです。ギャラリー島田では、すでに「縫い」「油彩」「オブジェ」の仕事はご覧いただきましたが、今回は2000年ころから始められ、すでに400点に及ぶという版画作品から、最近作約40点を選んで、ご覧いただきます。

島田誠

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~16:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子7
会場の様子2 会場の様子4
会場の様子6