-transient time-

井上よう子展

井上さんの個展を最初に手がけたのが’91年。作家、作品、家庭人としても、その歩みをつぶさに見てきた。yoko-blue-sceneにこめられた人の存在の、切なさ・はかなさはとみに陰影を増し、けなげに人を愛するひたむきさが、詩的情景にとどまらない言葉のない心の歌を奏でる。過ぎた時を呼び戻すことは出来ない、しかし微細に降り積もったそれらの日々の記憶こそが私たちを支え、明日への一歩を踏み出させる。
島田 誠

永年風景の中に、とても大切な、人の存在の、切なさ、はかなさ、温かさを、人自 身は描かずに描き続けてきました。

歳を重ね、色んなある意味過酷な体験も経て、一番大切にしたいものは、やはりそこ に在る・・という想いは強くなっています。

影があるから、光は輝いて見える。

静かなものにこそ、時に、強いメッセージを感じる。

絵でも、人生でも。。。と、しみじみそう感じています。

井上よう子

井上よう子ホームページ http://yoko-scene.com/

◆B1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。
初日17:00~19:00 ささやかなオープニングパーティをいたします。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3
会場の様子5 会場の様子2
会場の様子4 会場の様子6