2006.2「ニューヨーク・アート紀行 No1」

ニューヨーク・アート紀行 No1
15年ぶりのNY
年末年始をNYで過ごしました。アート三昧の至福の時でした。最初の三日間(年末まで)と年始三日間に分けて、報告致します。

12月28日(出発の日)
 朝から2006年最初の展覧会の展示。3時15分発のバスで関空へ向かう。昨年4月から長男の剛がNYに住んでいる。孫の響子も3才9ヵ月。マンハッタンのど真ん中に住んでいて泊まる部屋もあると聞いて、ではと、次男の陽も誘って一家がNYで年末年始を過ごすことにした。
 毎年、必ず海外へ行くことにしている。NYは4回目だけど実に15年ぶりなのです。いつもの旅だと周到に旅程をチェックし、緊張しての旅になるのだけど、今回は、まあ勝手知ったる街の上、息子がヘルプしてくれるので誠に気楽である。年末で大混雑かと思った関空は案外、平静。ただチケットをWebで手配したのでチケットレスで、チェックインまでいささか心配。
 関空からNYへは直行便がなくダラス経由。行きは11時間。気流の関係で帰りは13時間以上。ダラス、NY間が3時間半という長旅である。
 ダラスで入国。パスポートチェックが厳しいと聞いていたけど、靴まで脱いで、所持品は全てX-Rayを通し、両手の人差し指の指紋、顔(瞳孔?)写真の採取といったものでした。
 28日夜9時35分JFK空港着。剛が迎えに来てくれる。セダンのタクシーでNY47丁目Westのマンションに入ったのは11時半。響子は爆睡中。

12月29日(1日目)
 日本と変わらず6時には起床。朝食を摂っていると響子が起きてくる。
9時に出発。ロックフェラーセンターのクリスマスの飾りつけやスケートリンクを見て、歩いてニューヨーク近代美術館
MoMAへ。様々な名建築家が設計、改修を手がけてきたが、抜本的な改造、増築のためにコンペが行われ、谷口吉生さんが選ばれた。ぼくが谷口さんの美術館建築が好きなのは丸亀市立猪熊絃一郎美術館と、とりわけ青森の土門拳美術館で大きな感銘を受けたからだ。どちらも特定作家のための美術館だが、建物が主張しすぎることなく、かつシンプルな中に品格を持っていて、作品と観客、双方への配慮のバランスが絶妙だと思えた。MoMAは10:30オープン。10:00に着いた時には既にロビーに人が溢れ返っていた。剛と恵美さんは会員でパスがあり、私達のチケットも用意してくれていたのだけど、なにしろ冬場でクロークが大混雑。長蛇の列で、整理するスタッフも汗だく。ともかく2時間半後に再会と決めて三々五々、見学しました。

と、ここまで書いたのは新幹線で上京する車中でした。これ以降は神戸に戻る車中で書いています。話は飛びますが、それにしてもしんどいことです。今、20Kgを超える6点の絵をキャリーにくくりつけて乗車しているのです。NYから帰国したばかりの、しかも63才にはいかにも過酷です。やれやれと品川駅で一杯やっていささか酔っています。 昨年末、パリ在住の写真家Hさんから突然電話があって、鴨居玲、藤田嗣治の作品を買って欲しいという。この方は鴨居さんの実質的な伴侶であった写真家のTさんとの関係でお名前は存じ上げていたのでびっくりしました。ご本人は1月14日にはパリに戻ると言うし、私は渡米直前だし、止むをえず帰国早々の1月8日の上京となったのです。
 作品の興味と本人への興味で疲れをおしての上京です。これらの作品は2月のギャラリー島田の展覧会でご覧頂きます。

 話をNYに戻しましょう。MoMAの2階にバーネット・ニューマのオブジェがあって、6階までのどこからも見えるいわば中心(臍)になっていた。2階、3階はデッサン、版画、デザイン、4階、5階が絵画、彫刻、6階が特別展のフロアです。まあ、これだけの展示を短時間に見るのは不可能。とりあえず2、4,5階をゆっくり見ました。
  20世紀美術の精髄とも言われる作品群は見飽きることがありません。響子はジャクソン・ポロックがお気に入りで、ダリを「おっぱいのおばけ」と呼んでいました。
 昼食をとって散歩。そしてタクシーでグッゲンハイム美術館に向かう。あの独特の螺旋状の美しい形も外観は修理中で不細工。ここも長蛇の列。長男夫妻が会員で私たちはスット入れてありがたい。特別展は「ロシア」。ブッシュ、プーチンの会談の余禄として実現したらしい。カフェからNY在住でギャラリー島田で4回の展覧会をさせて頂いた川島猛先生に電話を入れると、今晩招待したいと言って下さった。時間があったのでノイエ・ガレリアでエゴン・シーレ展を見る。一度、戻って小休止し、地下鉄で向かう。川島宅は築150年以上は経つSOHOと同じ倉庫群の一角が居住地区として用途変更されたところ。その大きなフロアの2階と地下をアトリエと倉庫にしておられる。夕食を先にとろうということになり中華街へ。池田満寿夫と佐藤陽子の新婚旅行の時に川島宅に滞在し、池田さんが紹介したという中華レストランへ行く。どれも実に美味。戻って先生のお宅で歓待される。 今、川島先生と(独)理化学研究所の二つ目のモニュメントに取り組んでいて、その詰めの打ち合わせでもありました。
 剛宅に帰りついたのが11時。最初からハードな一日でした。
この行程、全部に終始、機嫌良く付き合った響子にも驚いた。

12月30日(2日目)
 グランドセントラル駅から列車でハドソン川沿いに70分。今回の旅で陽も私もここだけは見ておきたいと思った現代美術館ディア・ビーコンDia:Beaconを目指す。対岸はなにやら荒涼たる風景になり地の果てに向かっている印象なり。次第に流れているはずの川岸が氷結してくる。駅から徒歩10分。ここを運営しているディア財団は1974年に設立されNY・チェルシーにギャラリーを持ち、活発に活動してきたが、その膨大なコレクションを場と一体化して恒久的に展示するために2003年5月に廃墟となっていた広大な菓子工場を地域と一体となって世界最大級の現代美術館として再生しました。入場料は10ドル。
 とりあえずカフェで昼食。11時過ぎに着いて、帰りは16時前の列車。いいね、このゆっくりさは。 
 企画展としては大規模で移動が困難な、かといってランド・アートとして分散しまとめて見ることが出来ない作品群が、恵まれた環境の中でゆったりと鑑賞できるのはこの上なく幸せです。安藤忠雄さんが直島の地中美術館で試み、磯崎新氏が提唱する「第三世代美術館」と繋がる最良のものだと思います。専門的で恐縮ですがリチャード・セラの圧倒的な巨大で重量感に溢れたコールテン鋼を歪んだ円形上にした迷路、ドナルド・ジャッドや河原温、ウォルター・デ・マリア(直島にもある)、ヨゼフ・ボイス。そして何度も話題になるゲルハルト・リヒターの巨大なグレー・ミラーに囲まれた部屋。高い位置にある自然光がふんだんにはいる部屋で風景や自分の姿が写りこまれたミラーの前に佇み、アンディー・ウォーホールの巨大な連作の前のソファーで休む。分かったかと言えば分からん、感じたかと言えば感じた、そんなゆったりとした時間の中で感性の錆落としをした新鮮な血流を感じます。

NYの音楽ファンは田舎者
夜、8時からリンカーン・センターのアーヴィン・フィッシャーホールでロリン・マゼール指揮のニュ-ヨークフィルを聴く。マゼールは田崎真珠が応援していて震災の時にはロンドンフィル(?)を連れて神戸の確かグリーンスタジアムだったかの体育館でチャリティーコンサートがあり、私もお手伝いをした。
この日はウエーバーのファゴットコンチェルト、チャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト(V:ジュリア・フィッシャー)とシベリウスの交響曲第5番。まあ、そんなに感激しなかったな。マゼールも75才、カリスマも老いたかな。驚いたのはNYの聴衆が全曲、楽章の間で拍手していたこと。マゼールが嫌がって手を上げたままにしているし、独奏者も困惑しているのにね。まあ感激すればそれも自由なのだけど、そこで緊張の流れが切れるから普通はしないのにね。

12月31日(3日目) 国連で平和演説をぶつ
 朝、9時出発 雪が降ってくる。国連本部へ。10時まで入れないと分かってカフェを探す。国連の前のトランプタワーには松井秀喜(ヤンキース)が住んでいるらしい。10時に関係者入り口から入る。大晦日でも見学ツアーがあってアジア系の人を中心に沢山の人が参加して記念撮影などしている。安全保障理事会の会場。国連総会の会場、ロビーなど見て回る。各国の要人などが座ったであろう椅子にも座った。そんなことしたって、いささかも私の知的能力が改善されることはないのに、ミーハーなことです。
 総会議場では促され壇上に上って「平和への祈り」の演説をしてきました。これは嘘で、壇上に上がるように促したのは、警備員のおじさんでした。次期国連事務総長の椅子を狙っていたのですが、壇上の記念撮影で満足して野望は取り下げました。
 自分の息子がこんなところで働くとはね、人生なにが起こるかわかりませんね。

杉本博司展
 国連のすぐ近くにジャパン・ソサエティーがあり、そこのギャラリーで、この通信で何度も名前が出る杉本博司展「歴史の歴史」をやっているのを陽が発見。小躍りして入場。
氏の写真作品だけでなくコレクションとしての「化石」「土偶」から「古代裂」「仏像」「面」などを含めて、全体として氏の歴史観と審美観を提示されていました。前回の森美術館で感じた少しの違和感が、増幅された気がしました。それは杉本さんが余りにも作品展示に至るまでを創り込みすぎていて、最初から作品を「崇め奉る」ことを強要していると感じるのです。いわば美の神殿に安置され、ひざまずいて仰ぎ見ることを当然とすることに、馴染めないのです。昨日、Dia Beaconで大らかな自然光の中で息づいていたゲルハルト・リヒターやリチャード・セラの、作品だけが発するオーラだけで自立しているのに較べて、杉本さんはやりすぎと感じました。

おいしい食事
 ニューヨークにいながら、アメリカ的でない変わった食事ばかり楽しんでいました。ベトナム料理、中華料理、韓国料理、ユダヤ料理。ヘルシーなサンドイッチ。和食とステーキは恵美さんの手料理でした。案内されたそれぞれのレストランがまあ賑わっていること、美味しいこと、安いこと。いろいろ取ってシェアするし、響子もいるのでいつもテーブルはいつも山賊の酒盛りのようでした。まあ、剛夫妻は質実型ですから研究の成果を披露してくれた訳で、私たちだけでは決して発見できないし、メニューでの注文も難しかったでしょう。まあ、専用ガイド付きで、ほんまに楽ちんな旅でした。
この日は、あとはホイットニー美術館でアメリカの近代絵画を見て私は帰宅、剛、陽と響子は雪の深々と降るなかをアメリカ自然史博物館に行きました。

カウントダウン
住いがタイムズスクウェアに至近のため前の道路が許可証を持たないとこの日は帰ってこれない。向いの高層ビルがモルガンスタンレー証券本社で、深夜でも空が明るいので、ある日などは夜の1時半を、時計を逆さまにみて7時半と信じてシャワーを浴び、髭を剃って「ああ、さっぱりして気持ちがいい」と部屋に戻って大笑いとなった。
今年は雨がしとしと降って。世界中に生中継されるカウントダウンの人混みも例年ほどではないようだ。11時半くらいまでTVで見ていて、そろそろ行こうかとタイムズスクウェアへ。賑やかな大音響の音楽、派手な帽子に2006をデザインした眼鏡、長い風船の人また人。巨大な広告のスクリーン。みんなで一斉にカウントが始まるのかと思うと、そうではなく花火が打ち上げられ、紙吹雪が舞ってそれでおしまい。