休み前です。アタフタと。

7/7〜21まで、ギャラリー島田夏休みです。
現在開催中の展覧会が7/5に終了後、翌日作業をして休みに入ります。
休み前に、月一度発行の画廊通信8月号を出しますので、今そんなこんなでアタフタです。
本日は神戸新聞さんに展覧会のご紹介記事を掲載頂き、又たくさんのお問い合わせ&ご来廊、ありがとうございました。
蔡國華さん、五週類のカタログなどを販売していましたが、うち二種類は売り切れてしまいました。あと残り二日ですが、是非是非足をお運び下さいませ。
写真は残業中のひととき。暗がりで見る作品もいとをかし。

チャリティ美術展に向けて

「ぼたんの会」は阪神・淡路大震災の後、神戸に生まれたNGO/NPOのファンドレイジングのために2002年に15の団体で結成されました。今回、新しい試みとしてギャラリー島田の協力・監修により「ぼたんの会チャリティー美術展」を開催することになりました。
つきましては、お持ちの作品をご提供(ご寄付)頂ける方は、ご協力よろしくお願い致します。
ギャラリー島田までご連絡下さい。 
NGO/NPOは震災10年を経て地域になくてはならない大切な役割を果たすように成長してきました。どうぞたくさんの皆さまの応援、支援、そしてチャリティ美術展へのご参加、よろしくお願い致します!!!
「ぼたんの会チャリティ美術展」 2006年9/2(土)〜12(火) ギャラリー島田にて。

蝸牛

かたつむり、です。
6/29毎日新聞の夕刊にて、上記タイトルにて、石井一男展のご案内の記事を出して頂きました。早速お問い合わせがたくさんあり、嬉しいことです。
ちょうどかたつむりの季節ですね。
日本には700種ほどいるそうですよ。でんでんむし、まいまいつぶり・・いろんな呼ばれ方してるんですね。
なんだかかたつむりに会いたくなってきませんか?

耳を澄ませば良い香り

いやぁ暑いですね。
坂をあがってお越し頂くには、ご苦労様の季節になりました。
この辺りでは白い花をよくみかけます。少し前ははなみずき。
今は写真のタイサンボクやくちなしの花。
暑い暑いと言っていたところに風がふくと、ほのかに甘い香りに包まれて、
こんな季節もいいかなぁとなりました。
今開催中の蔡國華さんの作品からも匂いを感じたりして。
どんな香りでしょう?確かめにお越し下さいませ。
鼻をきかせてきてみて下さい。

6/27 第137回火曜サロン

摩耶はるこさんのライブ「色音 いろね」
60名ほどの人でギャラリーは満員に。
情熱的な歌とヴァイオリンとピアノの演奏とそしてお客様の目線、そして蔡國華さんの作品がまさに一体となった、物語の中のような時間でした。
普段は底に沈んでいるようなものがふわ〜っと、この季節の蒸気と重なって表出したような、熱く、そしてしっとり、良い時間をありがとうございました。

たとえば…

石井一男さんの絵にはタイトルがありません。
なので、見た方が好きなようにタイトルをつけることができます。
たとえばこの作品、どういうタイトルにしましょうか?
土の中の妖精のようにも見えますね。

ASK PARTY!

6/15に開催したパーティは雨にもかかわらず、たくさんの会員の皆さまにお集まり頂き、ありがとうございました。
チェコからコンサートツアーで来られたフランティシェック・ノボトニーさん(ヴァイオリン)&伊藤ルミさん(ピアノ)の演奏も素晴らしく、会場がわき上がりました。

思いがけないゲスト

栃原敏子展初日、6/9(金)のこと。
バーンスリー奏者のHIROSさんが来て下さり、その場で演奏のお祝いを頂きました。
その場に、いた方はとってもラッキー。
一曲目、雨の音楽だったので、アンコールに晴れの音楽、二曲も演奏頂きました。
ちょうど今回の大作の展示、左側に余白をおいていたので、HIROSさんの立ち位置が作品の横にピッタリと、あっていました。

6/24展覧会初日


本日6/24(土)〜B1Fにて蔡國華展、IFにて石井一男展がスタートしました。
今日は、無事展覧会の幕が上がり、ほっと笑顔の石井一男さんをパチリ。
会期中、石井さんもおられますので、是非、いらっしゃいませ。