福島千佳展 11/24(水)まで 1F troisで開催中

2年ぶり3度目のご登場、福島千佳さんです。
展覧会紹介ページはこちら。
2018年のギャラリー島田での初個展以降、スウェーデンで長くご活躍の中島由夫さんとの衝撃的な出会いと、
そこから繋がったスウェーデンでの滞在制作など、
沢山の出会いを経ての2年ぶりの発表となります。
神戸を故郷のように思ってくださっているのが、本当に嬉しいです。
さて、展示作業…66005154.ca38e91c71429dcbb25447704d663f96.2111201366005154.5457ed01167b099aa25c583a2379363d.21112013
梱包が解かれた瞬間から、喜びに溢れた色たちが、飛び出してきます。
春の喜び、冬の喜び、お出かけできる喜び、自分を見つめる時間の喜び、愛の喜び…
様々な喜びの光がきらめいています。
66005154.923f95b6893144640898f5416bb1f59e.21112013
キャンバスから飛び出して、額も彩られ、
ギャラリーのお部屋全体も輝いて見えてきます。
今回初めての軸作品も、紙を超え、軸全体に金色の絵具が広がっています。
66005154.39b171354055947794ac35b246c2ef40.21112013
「これ、いいでしょ〜〜っ 私も気に入ってるんです!」
と、作品を一つ一つ紹介してくださる福島さん。
まるで大好きな友達を紹介するような感じで。笑
自分が描いたものなのに、どこか天からの授かりものというか、神様が描いたものだというような、
肩の力の抜けたリラックスした向き合い方で、
それがまた福島さんの魅力でもあります。
福島さんは会期中毎日在廊されます。
どうぞ、お出会いくださいませ。66005154.0ac6ceb5a8f406a1ba7c9bf617f3cc60.21112013
「月刊 ギャラリー」11月号で今展覧会のことが紹介されています。