杉山知子展 ギャラリー島田全館で開催中(2)

杉山知子さんの11年ぶりとなる個展をギャラリー島田全館、3つの会場で開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

 

前回の記事では1F会場 deux(ドゥ)とtrois(トロワ)の様子をお伝えしましたが、

今回は地階会場 un(アン)をご紹介します。

会場に入ってまず目に飛び込むのは、宙をただよう「necklace」(ネックレス)のシリーズです。

ビビッドな色彩と不思議な形。

作品の森へとどうぞ分け入ってください。

奥の壁に並ぶのは、作品を切り抜いた残りの部分。

(作品をお求めいただいた方は、そこへはめ込んだ一枚の作品としてお持ちいただきます。)

 

また、同じ「necklace」の絵画作品には、ビーズの連なりの中に、人や木や花が描かれています。

実際にビーズをつないでネックレスを作るのが楽しみだという杉山さんですが、

あたかもネックレスが完成するときのように、

「人生が終わる時も最初と最後がパチリと繋がって

初めてその人のネックレスが完成するのかも?」

と、自身の解説にもあるように、

人の生の営みがネックレスと重ねられてもいるようです。

さらに会場を奥へと進むと「sogen」(草原)の作品シリーズや、銅版画作品、

魚をかたどった素敵なプランツポットや星形のオブジェなど、

技法もさまざまな作品が次々と現われ、見ていて楽しいかぎりです。

この会場のテーマは「Tomo’s」。

杉山さんのアトリエの名前でもあります。

C.A.P.(芸術と計画会議)を設立し、長く率いてきた杉山さんですが、

いまはご自身の制作に打ち込む毎日。

日々アトリエに通うなかで制作された作品たちです。

こちらのマフラーは、なんと2004年から編み続けられている作品で、

一度に10分間ずつと時間を決めて、

今回会場でも在廊の合間に編んでいらっしゃいます。

ほかにも「towns」のプリントされた布で作ったトートバッグやジグソーパズルなどグッズも充実。

兵庫県立美術館で開催中の「関西の80年代」展で杉山さんの作品をご覧になってギャラリーに来てくださる方も多くおられます。

その当時のインスタレーション作品が掲載された作品集も、どうぞ会場でご覧ください。

 

杉山知子展は7月26日(火)まで開催しています。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。

杉山知子展 ギャラリー島田全館で開催中(1)

杉山知子さんの11年ぶりとなる個展をギャラリー島田全館、3つの会場で開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

 

「colors」「towns」「tomo’s」と3つのシリーズをそれぞれの会場で展開する今展。

まずは1Fのtrois(トロワ)に展示された「colors」からご紹介します。

Marie Claire マリ・クレール」は1937年にフランスで創刊されたファッション雑誌。

20年ほど前に購読していたその古雑誌を処分しようとしていた杉山さんですが、

改めてページをめくり、その色彩の美しさに惹きつけられます。

気に入った色や柄を雑誌から自由に切り取ってコラージュしてできた「colors : Marie Clair maison」シリーズ。

そして切り抜いたあとの雑誌は、切り口からまた奥のページの写真が重なって見え、

いってみればそこに無意識的なコラージュが生まれていました。

それを撮影してプリントした「automatic collage」のシリーズ。

次は同じく1F deux(ドゥ)でご覧いただく「towns」。

杉山さんご自身の描いた絵を四角や三角のかけらに切り取って、

その色とりどりのパーツが上空から見た街並みのように再構成されています。

ここでも杉山さんの卓越した色彩感覚が遺憾なく発揮され、

その色彩のリズムに眺めているだけで心がはずむ作品です。

さて、この「towns」を原寸大で印刷したアートブックを会場で展示しています。

これはNISSHA財団とのコラボレーション企画で生まれたもの。

大変精度の高い技術で印刷されていて、そこに実際に作品が置いてあるようにしか見えません。

蛇腹状のページは伸ばすとなんと16メートルにもなるそう。

世界に2冊しかない、この特別な絵本。

ご自身でページをめくってご覧いただくことができます。

 

それでは今回はここまで。

地階会場un(アン)の「tomo’s」については次回ご紹介いたします。

 

なお、杉山さんの大きなインスタレーション作品が、

兵庫県立美術館で現在開催中の「関西の80年代」展にも展示されています(8月21日まで)。

 

杉山知子展は7月26日(火)まで開催しています。

暑い日々が続きますが、11年ぶりの個展というこの貴重な機会、ぜひお越しください。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。

里井純子展「intermezzo」 1F troisで開催中

2017年から5年ぶりのご登場となる里井純子さん。

展覧会ページはこちらのリンクからご覧ください。

今回の展覧会タイトルは「intermezzo」。間奏曲という意味です。

音楽を学び、音楽と長く深く関わり続けながら、絵画の世界にも表現を広げた里井さん。「絵画ならかたちとして残る」ことに気がつき、そこに感動があったのだとか。

ゆったりと時間が流れていくような、優美なムードが作品世界から漂っています。カラフルで豊かな色彩と筆跡が、見る人を包み込むようです。

作品には、上の写真のようにサキソフォンを奏でる人のような姿や、ピアノの鍵盤のような白黒のかたちが描かれているものも。自分に一番近いものは音楽。それを作品に描くようにしたと、里井さんは言います。

作品タイトルにも、音楽を思い起こすような言葉も使われています。そしてタイトルの言葉選びは詩的にも感じられます。「逆転キーボード」、「プレイバック」、「おしゃれして銀座に行く」などなど…。作品と言葉との響き合いも、見どころの一つです。ぜひあわせてお楽しみください。

終了間際ですが、会期は7月5日(火)までです。

暑さも増し、雨天の日も多い近頃ですが、そんな時こそ作品世界に浸ってみるのはいかがでしょうか。

皆様のご来廊をお待ちしております。

歌文集発売記念 南輝子展「神戸バンビジャンキー」 地階unで開催中

歌文集『神戸バンビジャンキー』をこの3月に公刊された南輝子さん。

その記念展を地階unで開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

かつて神戸にあったジャズ喫茶バンビ。

『神戸バンビジャンキー』はそこに入り浸る「ジャンキー」(耽溺者)として青春時代を送った南さんの回想と短歌で綴られた作品です。

幻想とエロスの画家、山本六三さんや、ジュネやアルトーの翻訳者、評論家、小説家として知られる鈴木創士さんら、同じく「バンビジャンキー」な数々の個性的な人々が登場します。

そして跋文を島田誠が書かせていただきました。

『神戸バンビジャンキー』の表紙、この赤、これは南さんの赤です。

カボチャ、ニンジン、ダイコン…この命の燃える色で彩られた野菜たち。

会場では浴びるように生命力あふれる南さんの絵画をお楽しみいただきます。

そして7月3日にはジャズピアニストの板橋文夫さんが駆けつけてライブを開催してくださいました。

新しくリリースされたアルバム「神戸・祈り」からの演奏、そして篠笛奏者の和田沙都子さん、詩人の季村敏夫さんとのセッションも。

鍵盤を叩きつけるような板橋さんの情熱的な演奏。

そこへふと現われる叙情的なメロディー。

心を激しく揺さぶられる感動的な体験でした。

会期は7月5日(火)までです。

はや猛暑の日々ですが、絵から夏を乗り切る元気をもらいに、どうぞいらしてください。

ご来廊を心よりお待ちしています。

特別企画展2022 「CREWS」 その6

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)開催中です。会期は残すところあと少しとなりました。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

右から、

藤飯千尋さん 「shining」

WAKKUNさん 「一歩一歩」

藤飯さんは今年2月に個展を開催していただきました。7月には岡山での個展も予定されています。

WAKKUNさんも今年4月に、過去から現在までの作品を楽しめるような個展をしていただきました。

右から、

山口砂代里さん 「紺色の冬の朝」

谷中亜紀さん 「水面」

山口砂代里さんは、2020年からの特別企画展3回、そして2019年以前の「ミニアチュール展」でも出展。ほかグループ展でも出品。

谷中亜紀さんも同じく、過去の特別企画展やミニアチュール展でも出展。2009年から長くご参加いただいています。

手前側、

山口よしこさん 「混沌と未来」

山口よしこさんも、特別企画展や、ミニアチュール展に参加していただいています。個展は2011年、2015年、2019年に開催。

ギャラリー島田特別企画展2022 「CREWS」、会期は6月21日(火)までです。

皆様のご来廊をお待ちしております。

 

「CREWS」のオンライン・ミュージアムを公開中です!

https://www.galleryshimada-museum.com/crews2022

海外からの参加作家の作品はオンライン・ミュージアムでのみの公開です。

会期終了後も、オンラインは引き続きご覧いただけます。

特別企画展2022 「CREWS」 その5

 

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

右から、

フジモトアキコさん 「Life Works 2022 ~内なる想い~」

Pen²さん 「目覚める時

 

フジモトアキコさんは今ちょうど大阪でも個展を開催中。

Pen²さんはこれまでギャラリー島田で展覧会を重ねていただいています。

 

右から、

根垣睦子さん 「微光譜」

松原政祐さん 「生かされしものたち」

 

根垣さんは最近では2015年にギャラリー島田で展覧会を開催されました。

松原さんも数多く展覧会を開催していただいていますが、2020年は原田の森ギャラリーと同時期の開催でした。

 

右から、

三浦孝宣さん 「刻の匂い」

三沢かずこさん 「共存するもの」

 

三浦さんは2016年に1F deuxで展覧会を開催。月を描きつづけておられます。

「三沢ブルー」の三沢さん。昨年12月の展覧会の大きな和紙に描かれた作品は、また強い印象を私たちに残しました。

 

右から、

東端哉子さん「crystal」

松岡美子さん「瞬―刻の雫」

 

東端さんは昨年9月に1F deuxで展覧会を開催されました。繊細で美しい日本画の世界です。

松岡さんは2009、2012、2017年とこれまで3度、展覧会していただきました。

 

右から、

韓由美さん「2022 届かなかった」

細馬千佳子さん「By the window」

 

韓さんは今年10月に1F deuxで展覧会を開催予定。

細馬さんも同じく今年10月に地階 unで展覧会を開催します。

 

 

ギャラリー島田特別企画展2022 「CREWS」、会期は6月21日(火)までです。

ご来廊をお待ちしております。

 

「CREWS」のオンライン・ミュージアムを公開中です!

https://www.galleryshimada-museum.com/crews2022

海外からの参加作家の作品はオンライン・ミュージアムでのみの公開です。

ぜひご覧ください。

特別企画展2022 「CREWS」 その4

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

地階会場unから、こちらは

山村幸則さん 「星のかけらたち」

 

山村さんは昨年5月にモニュメント「無限の弧」をめぐる展覧会を開催していただきました。

 

こちらは右から

榊原メグミさん 「soft light pours (fuwarin)」

笹田敬子さん 「memoraphilia22-12」

MOTOOKA.Uさん 「Something G.」

サイモン エヴェリントンさん 「Boyet」

 

榊原さんは昨年5月から6月にかけてギャラリー島田で展覧会を開催を開催。

笹田さんはこの4月に同じunで展覧会を終えられたばかり。

サイモン エヴェリントンさんが今年12月に1F deuxで展覧会を開催予定です。

 

こちらは右から、

沢村澄子さん 「花」

杉本裕子さん 「〇」

高原秀平さん 「ミツバチの出納帳#1」

 

沢村さんは今年12月に近いunで展覧会を開催予定です。

杉本さんはこれまで何度も展覧会を開催していただいています。

高原さんは2017年に1F deuxで展覧会を開かれました。

 

右から、

武内ヒロクニさん 「CREWS」

夛田麻里さん 「浮かぶ」

垂野紘行さん 「ほどけていく記憶」

 

武内ヒロクニさんは、オンライン・ストアと、オンライン・ミュージアムにて作品やプロフィールを掲載中です。

垂野さんはミニアチュール展以来、ギャラリー島田の特別企画展に長くご参加いただいています。

 

右から、

辻井潤子さん 「snoozzy」

高澤圭多さん 「遅い天使」

坪谷令子さん 「遥か向こうの灯りへ・澪を引きながら」

 

辻井さんはシンガポールからのご参加。

高澤さんも長く、この企画展にご参加いただいています。

坪谷さんは次の展覧会に向けて企画が進行中です。

 

右から、

坪田昌之さん 「the wall of self」

中山トモ子さん 「今、前に」

 

坪田昌之さんは、昨年の個展「Vibrant field」の会場にて無観客のギャラリートークを収録。その様子を坪田さんのYoutubeチャンネルよりご覧いただけます。
(ギャラリー島田HPの展覧会ページ)
http://gallery-shimada.com/?p=7493
(ギャラリートークの動画)
https://www.youtube.com/watch?v=8A3KJ4cNi8w

中山さんはこれまでに3度ギャラリー島田で展覧会を開催していただきました。

 

右から、

西村正徳さん 「共同体のカタチ/CREWS」

花井正子さん 「

 

西村さんには2011年にdeuxいっぱいに展開する「ソフトスカルプチャー」の展覧会を開催していただきました。

花井さんは昨年10月に地階unで展覧会「紀州叙事詩」を開催されました。

 

 

ギャラリー島田特別企画展2022 「CREWS」、会期は6月21日(火)までです。

ご来廊をお待ちしております。

 

「CREWS」のオンライン・ミュージアムを公開中です!

https://www.galleryshimada-museum.com/crews2022

どうぞご覧ください。

特別企画展2022 「CREWS」 その3

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

こちらは、1F会場 troisより、

小曽根環さん 「flowering」

 

ギャラリー地下会場の、入り口前のスペースに常設されているアクリル板の作品も、小曽根さんが制作されたものです。神戸開港150年記念に開催された、港都KOBE芸術祭(2017年)に出展ました。1Fから地下に降りる際、ぜひご覧ください。

 

加川広重さん 「星空を征く」(右上)

きたむらさとしさん 「宙(そら)のタマゴ」(左下)

加川さんは、2013年から3年間に渡って開催した、震災の被災地である東北と神戸を繋ぐ巨大絵画プロジェクトでおなじみ。直近では、昨年3月にギャラリー島田でも巨大絵画を展示していただきました。

加川さんは、2013年から3年間に渡って開催した、震災の被災地、東北と神戸を繋ぐ巨大絵画プロジェクトでおなじみ。昨年3月にギャラリー島田でも巨大絵画を展示していただきました。

きたむらさんは、ギャラリー島田では2020年に絵本原画展を開催。現在、ギャラリー島田オンライン・ミュージアムで作品や、きたむらさんのトークを交えた動画をご覧いただけます。
https://www.galleryshimada-museum.com/kitamurasatoshi201010

 

内海聖子さん 「輪を廻る」(右)

auneさん 「kilonova crews」(左)

内海さんの作品には不思議な魚の物語が添えられています。会場で、またはオンライン・ミュージアムでご覧ください。

auneさんの作品タイトルにある「kilonova」(キロノヴァ)とはブラックホール ● や中性子星 ☆ のようなきわめて密度の高い星が融合するときに起きる爆発なのだそうです。

 


植田麻由さん 「A Lump of Feelings #21-29」

 

1F会場 troisで最初に皆さまをお迎えする作品です。

長石と呼ばれる石の埋め込まれてた陶作品。先日、植田さんがギャラリーにいらっしゃったとき、窯で焼成するのではない、野焼きについてあれこれとおうかがいし、焼き物の世界の奥深さを改めて感じさせられました。

 

 

ギャラリー島田特別企画展2022 「CREWS」、会期は6月21日(火)までです。

ご来廊をお待ちしております。

 

「CREWS」のオンライン・ミュージアムを公開中です!

https://www.galleryshimada-museum.com/crews2022

どうぞご覧ください。

特別企画展2022 「CREWS」 その2

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

稲垣直樹さん 「ロマネスク讃歌-Massaー」

 

稲垣さんにはこれまでギャラリー島田で2度展覧会を開催していただきました。

右から、

泉昭人さん 「INDEX-9」

烏頭尾寧朗さん 「時の忘れもの -昴」

 

烏頭尾さんには前回2019年に展覧会を開催していただきました。

泉さんは昨年までに3度ギャラリー島田で展覧会を開催。東京での個展をつい先日終えられたばかりです。

上野陽子さん 「旅立つ」

 

銅版画作品です。スタジオ・グラニートさんのメンバーとしてもご活躍です。

右から、

貝塚理佐さん 「青い星のクルーズ」

大槻和浩さん 「明日」

 

貝塚さんには2019年までに2度展覧会を開催していただいています。

大槻さんは次回の展覧会に向けて企画が進行中です。

池内悦子さん 「汐野のわすれもの」

 

池内さんはギャラリー島田でこれまで4度展覧会を開催されました。

植松永次さん 「灯り」

 

昨年9月に展覧会を開催していただきました。

こちらの作品、側面がどうなっているのか気になりませんか?

ぜひ会場でご覧ください。

 

会期は6月21日(火)までです。

ご来廊をお待ちしております。

 

特別企画展2022 「CREWS」のオンライン・ミュージアムを公開しました!

https://www.galleryshimada-museum.com/crews2022

どうぞご覧ください。

特別企画展2022 「CREWS」 その1

ただいまギャラリー島田では、特別企画展2022 「CREWS」(クルーズ)を開催中です。

展覧会紹介ページはこちらのリンクをご覧ください

毎年恒例の特別企画展。

今年は63名の方々に出展いただき、地階unと1F troisの2会場で展示をしております。

作品は1F troisより、基本的に作家名の五十音順で並んでいます。

順に作品をご紹介していきます。

こちらは右から

足立朱麻さん 「Everyone smiles」

石井一男さん 「女神 クルーズ」

石井一男さんは「ギャラリー島田 オンライン・ストア」でも作品を公開中です。

右から

コウノ真理さん 「虹の雨」

池田順一さん 「grid_071」

 

コウノ真理さんは昨年2021年10月に、この同じtroisで展覧会を開催されました。

こちらは右から、

井上よう子さん 「CREWS-信じる先へ」

上村亮太さん 「西へのドライブ(Drive to The West)」

 

井上さん、上村さんともにギャラリー島田オンライン・ストアでも作品を公開中です。

海外からご参加の皆さんの作品は、近日公開の「CREWS オンライン・ミュージアム」でご覧いただきます。

ギャラリー島田 特別企画展2022 「CREWS」、会期は6月21日(火)までです。

皆さまのご来廊を心よりお待ちしております。