■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1533号 3月14日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1533号 3月14日
 
            アネモネの花が咲きました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 展覧会へのお誘い

2 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太絵本『アネモネ戦争』 出版記念展
 3月28日(土) -4月15日(水)*4/3(金)は休廊
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会ページはこちら
http://gallery-shimada.com/?p=6797

|||初日に予定しておりました、トークとレセプションは、延期開催する
|||ことに決まりました。また日時は追ってお知らせいたします。

上村亮太さんの絵本「アネモネ戦争」出版プロジェクト、約1年前から動き
出し、限定500部、細部に思いのこめられた絵本がまもなく、お披露目でき
ることになりました。

手から手へと
エディション500は上村さんの手によって書き込まれ、チーム・アネモネに
よって特性のケースに手作業でセッティングされました。そしてそのケース
には上村さん直筆のドローイングがセットされています。
たくさんのサポーターの方がたのご協力、そして先行予約のお申し込みをい
ただき、500冊きっとすべて手から手へと手渡されていくように思います。

大切なメッセージが
上村さんは絵本制作に取り組まれるのは初めてのこと。もともとアートブッ
クとして作られた手製本の作品が、編集者松田素子さんとのお出会いにより、
絵本へと生まれ変わりました。
チームアネモネ、BL出版の落合直也さん、神戸デザインセンターの濱章浩さ
んとともにチーム・アネモネはミーティングを重ね、様々なアクシデントを
乗り越えて、とにかくこれはみなさんに見てほしい、大切なメッセージがつ
まった絵本という作品が出来上がりました。

涙なしでは
原画展は、原画に加え、原画が完成するまでに、何百枚と描いてきた作品も
含めて展示いたします。上村さん曰く、涙なしには見られへんわ、と。それ
ぐらいたくさんあーでもない、こーでもないと思いをこめて描かれてきまし
た。
たくさんのサポーターの方々や、この絵本を見てくださる多くの人々のこと
を思い、描かれた作品です。
絵本とともに、一枚一枚の絵の中からまた物語を読み取っていただければと
思います。

最後に
この絵本プロジェクトへの協力を呼びかけるチラシに松田さんが書かれた言
葉です。

「本を届けるということは 声を届けるということです。
 その声が良きものであるように・・・」

ギャラリーでは、本と、そしてたくさんの絵を展示してお待ちしております。

チーム・アネモネ ホームページ
https://www.team-anemone.com

追伸:サポーターのみなさん、アネモネの花がそろそろ咲き出しています。
お写真、リポートなど、下記チーム・アネモネまでお知らせください。
teamanemone.kobe@gmail.com


ただいま、ギャラリー島田は休廊中です。

この時期に予定していた、加川広重展と小谷泰子展は延期開催いたします。
時期をずらすことで、ゆったりと、しっかりとご覧いただきたいと願っての
ことです。
新たな、会期は追って、このメールマガジンやHP、そして次号の画廊通信な
どでお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
小谷泰子 ―青の断片から青い闇へ
 http://gallery-shimada.com/?p=6765
――――――――――――――――――――――――――――――――――
加川広重展3.11 夜が明けるまで
 http://gallery-shimada.com/?p=6768
――――――――――――――――――――――――――――――――――

==================================
2 今日の言葉  出会いは絶景
==================================
ずっと思い続けながら拒まれて諦めようと思いながら諦めきれなかった
老いらくの恋  のことではない
上村亮太「アネモネ戦争」のことである
今、出さねば と焦るが 行方が見えない

間に合った

しかも考えうる限りの 何処にもない 在り方で

それは松田素子さんとの出会いであり
上村亮太さんの思いであり
チームアネモネが一体となってなしたこと

う れ し い!

蝙蝠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 3月7日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 3月7日
 
           竹下景子さんの「語り継ぎ」
          無観客で動画中継になりました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東日本大震災語りべ シンポジウム「かたりつぎ in 大船渡」
(2020年3月7日13:55〜 動画中継開催)    
http://www.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/kataritsugi2020/

  背景は
  加川広重の巨大水彩画「共徳丸と海」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


三月はギャラリー島田は休廊させていただきます。
予定していた、加川広重展と小谷泰子展は延期いたします。
時期をずらすことで、ゆったりと、しっかりとご覧いただきたいと願っての
ことです。
新たな、会期は追って、このメールマガジンやHP、そして次号の画廊通信な
どでお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
小谷泰子 ―青の断片から青い闇へ
 http://gallery-shimada.com/?p=6765
――――――――――――――――――――――――――――――――――
加川広重展3.11 夜が明けるまで
 http://gallery-shimada.com/?p=6768
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ギャラリーの再開は、
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太『アネモネ戦争』 出版記念展
――――――――――――――――――――――――――――――――――
3月28日(土) スタートです。お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1532号 3月2日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1532号 3月2日
 
            大事なお知らせです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      三月はギャラリー島田は休廊させていただきます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナウィルスによる様々な動きが教育現場をはじめ、文化のフィールドで
もドミノ倒しのように連鎖しています。

   私たちは下記のように考えました。

小谷泰子展は個展としては満を持しての登場です。
加川広重展は巨大絵画展を手掛けてきて、その後を「夜が明けるまで」と
大作の連作で伝えるものです。

   従って、時期をずらして

この展覧会をゆったりと、しっかりとご覧いただきたいと願いました。

   私たちはこの期間は普段出来ない仕事に取り組みます。

新たな、会期は追って、このメールマガジンやHP、そして次号の画廊通信な
どでお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
小谷泰子 ―青の断片から青い闇へ
 http://gallery-shimada.com/?p=6765
――――――――――――――――――――――――――――――――――
加川広重展3.11 夜が明けるまで
 http://gallery-shimada.com/?p=6768
――――――――――――――――――――――――――――――――――

尚、只今開催中の二つの展覧会は、予定通り3/4(水)まで開催いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
金子善明展  知層・地層
 http://gallery-shimada.com/?p=6720
――――――――――――――――――――――――――――――――――
暮らしの中の永田耕衣
 http://gallery-shimada.com/?p=6723
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ギャラリーの再開は、
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太『アネモネ戦争』 出版記念展
――――――――――――――――――――――――――――――――――
3月28日(土) スタートです。お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年2月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1531号 2月27日

■□■□2020年2月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1531号 2月27日

          人生を空費して居る柳かな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  気をつけながら過度に恐れることなく

2 展覧会のご案内
   暮らしの中の 永田耕衣展 その魅力をご案内いたします
   金子善明展  知層・地層
            その魅力をご案内するとともに
            会場でさらに金子善明さんがお待ちしています

3 今日の言葉   近海や翁たらん翁たらんと行く浮き木
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  ウィルスには気を付けながら
==================================
でも、気をつけながら過度に恐れることなく。

1970年の交通事故死は17000名。昨年は3215名。乗りながら恐れよ。
私は免許ももちませんが。

==================================
2 展覧会のご案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
金子善明展  知層・地層    3/4(水)まで  B1 un にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
世界を旅してきた深い層をなす体験。
描き続け 読み続け 積み上がり続けた地層。
留まることをしらない興味深いお話。

スタッフブログが会場に誘います。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9576

金子さんの言葉、島田との出会い、会場風景は下記で。
http://gallery-shimada.com/?p=6720

――――――――――――――――――――――――――――――――――
暮らしの中の永田耕衣     3/4(水)まで  1F deux にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
永田耕衣誕生から120年になります。
生誕110年を永田耕衣展で祝いました。
そして今年は、私たちの日常のなかで耕衣と共にあり楽しむとしたら…

スタッフブログが会場に誘います。
コラボレーション作品のご紹介も。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9587

会場風景は下記で。
http://gallery-shimada.com/?p=6723

==================================
3 今日の言葉
==================================
後ろにも髪脱け落つる山河かな (『吹毛集』昭和30年 )

死を以って逃亡と為す葱の国

葱掘るやあら逃亡のあで姿

上の墓下の墓ある夏花かな

竹の葉のさしちがひ居る涅槃かな

日がさして今おろかなる寝釈迦かな

フラスコに指がうつりて涅槃なり

天行は下駄の上なり梅の花

白梅の余白の余命我に在り

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年2月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1530号 2月22日

■□■□2020年2月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1530号 2月22日
 
              天下の悪筆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 展覧会へのお誘い  暮らしの中の 永田耕衣展  今日から
            金子善明展  知層・地層  今日から

3 今日の言葉  枯草の大孤独居士ここに居る (耕衣最後の一句)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  永田耕衣 生誕120年に
==================================
1997年8月に97歳で亡くなられた俳哲翁。今年は生誕120年で姫路文学館で
永田耕衣展が開催されています。
前衛的・哲学的な俳句を読むとともに書や絵も良くし、その独創性において
高い評価を得ている。その思想、生き方など、強く惹かれるものがある。
「出会いは絶景」を口癖に人間観を根源的に詠う俳句。
「あんな悪筆は天下に類を絶する。悪筆もここまでくれば神に近し」と小野
蕪子に評された書、棟方志功との交流の中から生まれた個性あふれる描画。

耕衣の世界を私たちの日常で飾る=生きるとすれば・・・・

とてもユニークな空間が表出しました。是非、下記でご覧ください。

http://gallery-shimada.com/?p=6723

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
金子善明展  知層・地層  2/22(土)〜3/4(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
人類の幸せの叡智の詰ったはずの本は、歪んだ知層となり、地球の地層と似
てきた。文字が発明され繰り返される億年の日々がその根底に照射されると
新しい相貌として立ち現われてくる。そうした書物は時を経て戦争、検閲、
天災、劣化、無関心などに晒されてきた。
金子はそうした書物の無数に整列された文字たちが、溶液によって溶かされ
(解かされ)、ときには、不意打ちのように何者かに貫通され、分解される。
そしてギャラリー空間そのものが、大きなエネルギーとなって一つの作品と
なって語りかけてくる。

http://gallery-shimada.com/?p=6720

==================================
3 今日の言葉  *永田耕衣誕生から百二十年になります
==================================
枯草の大孤独居士ここに居る  (耕衣最後の一句)

泥鰌浮いて鯰も居るというて沈む

露白の脳髄の蠅びいきかな

人生を空費して居る柳かな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年2月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1529号 2月17日

■□■□2020年2月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1529号 2月17日

               清冽
    自分を律し、慎み、志を持続して成すべきことを果たす
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  自分の感受性くらい

2 展覧会から  黒川紳輝展

3 今日の言葉   淡々と生きて行け!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
  茨木のり子 さんの命日  2006年2月17日 に亡くなられました
==================================
自分の感受性くらい

ばさばさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

倚りかからず

もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
よりかかるとすれば
それは
いすの背もたれだけ

茨木さんの代表作である。

恋歌

肉体をうしなった
あなたは一層 あなたになった
純粋な原酒(モルト)になって
一層わたしを酔わしめる

恋に肉体は不要なのかもしれない

獣めく

獣めく夜もあった
にんげんもまた獣なのねと
しみじみわかる夜もあった

シーツ新しくピンとは張ったって
寝室は 落ち葉かきよせ籠り居る

「恋歌」「獣めく」は「茨木のり子の家」(平凡社)の自筆原稿から。

メルマガのタイトル「清冽」は後藤正治さんが茨木さんを書かれたタイトル。
今回は後藤正治ノンフィクション集 第10巻からの引用。実は、その後に
「奇蹟の画家」が収録されている。
単行本、文庫本、全集とそれぞれに後書が違うのですね。
只々、有難いことです。

==================================
2 展覧会から  黒川紳輝展 ブログ
==================================
ギャラリーもパティオも不思議な空間となり、会期中もまた変転しています。
その魅力をスタッフがブログでご案内いたします。

http://gallery-shimada.com/blog/?p=9561

黒川紳輝 展
藤崎孝敏 展 「暁闇」コレクション+
どちらも19日(水)までです。
ご来廊おまちしております。

==================================
3 今日の言葉
==================================
絶望が虚妄なること まさに希望に相同じ
絶望といい希望といってもたかが知れている
うつろなることではふたつともたかが知れている
そんなものに足をとられず
淡々と生きて行け!

茨木のり子集 言の葉 ある一行 P97

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年2月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1528号 2月12日

■□■□2020年2月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1528号 2月12日

               暁闇
            逝いてゆく者たちへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  暁闇が伝えること

2 展覧会へのお誘い  藤崎孝敏 展  「暁闇」  コレクション+
            黒川紳輝 展

3 今日の言葉  無音も音楽の世界の一部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  藤崎孝敏の「暁闇」が伝えるもの
==================================
いたわりの鏡  
私が描かなければ
誰も知られられず 逝いてゆく者たちへの想い
それは とりもなおさず
  アーティスト自らへの憐憫にもなるのです
  偉大なる芸術への道を志すアーティストもいるでしょうが
私はいわゆる 
  リアリティーの目といたわりの目の両岸を開いて見る力はありません
  片目を閉ざし
私にしか開くことの出来ぬ その眼差しだけで
その逝いていく者たちの肌を少しばかり擦ってあげることだけです
                      

■□■□2020年1月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1527号 1月27日

■□■□2020年1月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1527号 1月27日

          頑張ろう神戸 私たちの街だから
         2020世界災害語り継ぎフォーラムから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  私たちの街だから

2 展覧会へのお誘い  トゥーンベリさんへの応答

3 今日の言葉  志を持って
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  私たちの街だから
==================================
2020世界災害語り継ぎフォーラムが24日、兵庫県公館で開催され、私は加川
広重さんんと共に「加川広重巨大絵画が繋ぐ 東北と神戸」を中心に「アー
ト・エイド・神戸」「「アーツエイド東北」のことなどに触れた。
きちっと加川さんがフランスプロジェクトに至るまで画像と動画でまとめて
くれていて好評だった。
改めて、このプロジェクトの凄さを実感した。

下記をご覧ください。
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/25/202001/0013060439.shtml

フォーラムが始まり、最初が堀内正美(俳優)さんがボランティア文化の話
を始められました。そして檀上からマイクをもって降りて来られ、どこへ行
かれるのかと思っていると、私に前で立つように促し、震災で「ラジオ関西」
を撤収を余儀なくされたことを話され私にマイクを向けたのでした。
上の写真はその時のものです。
堀内さんは撤収の時に、出口の壁に「がんばろう神戸!私たちの街だから!」
と書いたのでした。
私はその写真を見て、感動して、私も奮い立ったのでした。

私たちの街だから!
それが「アート・エイド・神戸」を立ち上げることに繋がったのです。
でも、この場で堀内さんが覚えていて・・・・

「加川広重展 3.11 夜が明けるまで」。
5年ぶりに神戸で加川広重展を開催いたします。
ギャラリー島田の地下空間の壁面一杯に人間や文明の儚さを表現されます。

3月11日(水)〜25日(水)  震災当日 3月11日(水)
加川広重さんをお迎えしてアーティスト・トークを行います。
14:46に加川さんと共に「黙祷」を捧げ、そのあとトークの時間を持ちたい
と思っています。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
コレクション+ シリーズ No8
「トゥーンベリさんへの応答」  1月25日(土)〜2月5日(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
NYでの国連気候行動サミット(2019.9.23)でのグレタ・トゥーンベリさん
のスピーチを受けとめる。
このスピーチの直前の9月20日には、彼女が呼び掛けたデモに全世界でなん
と400万人もの人々が参加したという。
温暖化危機にとどまらず有ってはならないこと、やってはいけないことに抗
わない私たちの日々が、政治やメディアの世界で、目くらましに流されてい
く。地球環境のみならず人が人であることを壊して恥じない。
「原爆」「原発」「戦禍」「地震」を身近に体験していながらの私たちが、
トゥーンベリの怒りへの余りの鈍感さを恥じる。
日々、溢れかえる美談に背を向け表現の世界で身を挺する作家たちと私たち
も共にありたい。

会場風景をご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=6676

本展のブログは下記でご覧ください。
怒りに震え ユーモア  風刺 言葉 オブジェ 祈り と様々に
初登場の4名の作家も加えて・・・
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9519 (蝙蝠)

==================================
3 今日の言葉
==================================
「志をもって」ということは、
現代ではほとんど「闘う」ということ
同義語ではないか―

今井康之

「蝙蝠、赤信号をわたる」 ―アート・エイ・ド神戸の現場から― 
(神戸新聞総合出版センター 1997年刊)
扉頁にいただいた言葉。
今井さんは当時、岩波書店の常務でいらっしゃいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年1月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1526号 1月15日

■□■□2020年1月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1526号 1月15日

            阪神大震災から25年
           さまざまに去来するもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  震災から25年 そしてこれから

2 展覧会へのお誘い  25年目の1.17  スタッフからの報告
            木下晋展 いのちを刻む  スタッフからの報告

3 出展しています  117BOX・いいなの箱展

4 今日の言葉  われわれはどこへ行くのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
震災から25年の今日
  生を分かち
  未来を分かち
  社会の礎となり
  今を迎えた
  未来はあるのか
  私たちの責務は
  果たされているのか

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
木下晋展 いのちを刻む  是非是非是非とも!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――
大変、話題になり、
1月11日に開催されたアーティストトークは満席となり
2時間半に及びました。

まさに、いのちを刻む そのことが、私たちの心を刻みます。

スタッフブログがお伝えします。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9453

展覧会の詳細と会場風景です
http://gallery-shimada.com/?p=6668

――――――――――――――――――――――――――――――――――
コレクション+ シリーズ No.7   25年目の1.17
――――――――――――――――――――――――――――――――――
新しい切り口から25年前 そして今をつないでいます。
新鮮な想いが・・・今に繋がる
スタッフブログがお伝えします。

みなさまの今と重ねながら
どうぞ
http://gallery-shimada.com/?p=6671

==================================
3 出展しています  117BOX・いいなの箱展
==================================
人と防災未来センターで行われている、「117BOX・いいなの箱展」に
島田誠も出展しています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9454

「117BOX・いいなの箱展」
会期:開催中〜2020年2月24日(月祝)まで
   ※開催期間中の無料観覧日:1/17(金)、2/18(火)
会場:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
   西館2F 防災未来ギャラリー

==================================
4 今日の言葉
==================================
われわれはどこから来たのか
われわれは何者か
われわれはどこへ行くのか

ゴーギャン

d’ou venons-nous ? que sommes-nous ? ou allons-nous ?
where do we come from what are we where are we going

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年1月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1525号 1月8日

■□■□2020年1月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1525号 1月8日
 
        みなさま 今年もよろしくお願いします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  震災から25年 そしてこれから

2 展覧会へのお誘い  25年目の1.17
            木下晋展 いのちを刻む

3 今日の言葉  あなたがしていることのほとんどは無意味かもしれない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
新しい年をむかえるにあたってスタッフ一同、心を引き締め
多くの充実した展覧会でお迎えしたいと思っています。

震災から25年 今回は特徴の際立った作家の「あの日」そして「今」
そして木下晋展 いのちを刻む

で幕を上げることにいたします。

==================================
2 展覧会案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
木下晋展 いのちを刻む
1月8日(水)−1月22日(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展示作業を終え、伝わってくる世界の深さ 重さにたじろぎます

◎◎◎
スペシャルトーク 「木下晋に聞く」
対談のお相手に 「鉛筆画の鬼才 木下晋自伝」を出版された、
藤原良雄(藤原書店社長)さんをお迎えします。
2020年1月11日(土)15:00から
ご予約お急ぎください(無料)

対談に先立ち ETV特集
「日々、われらの日々 〜鉛筆画家 木下晋、妻を描く〜」を
14:00から参考映像としてご覧いただけるよう、準備いたします。

展覧会については下記をご覧ください。
(さらに詳細には 一番下にある チラシデータをクリックしてください。
http://gallery-shimada.com/?p=6668

――――――――――――――――――――――――――――――――――
コレクション+ シリーズNo.7  25年目の1.17
1月8日(水)−1月22日(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
新しい切り口から25年前 そして今をつないでいます。
新鮮な想いが・・・今に繋がる

http://gallery-shimada.com/?p=6671

==================================
3 今日の言葉
==================================
あなたがしていることのほとんどは無意味かもしれない。
しかし、しなければならない。
あなたが世界を変えるためではなく、世界にあなたが変えられないために。

マハトマ・ガンジーの言葉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━