■□■□2021年5月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1574号 5月18日

■□■□2021年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1574号 5月18日

       梅雨がやってきました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、営業日・営業時間が変更になる
場合がございます。
ご来廊の際はお電話でお問い合わせください。
電話番号 078-262-8058(11:00〜18:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記     記憶を積み重ねて ―メモリアルブックの歩み―

2 展覧会へのお誘い WAKKUN展「もらった種とまいた種」
           上村亮太展 前庭ヴァカンス
          
3 オンライン・ストアのお知らせ
           上住雅恵作品、梅田恭子作品 公開準備中
           田鎖幹雄作品 公開終了間近

4 今日の言葉    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記
==================================
記憶を積み重ねて ―メモリアルブックの歩み―

フランス・ニースのギャラリーFEREEROでCESARとARMANを求めた。
立派な画集に2人がそれぞれMakoto Shimada と私の名を記し、作品の色彩素
描を添えて送って下さったのがメモリアルブックの果てしない旅の始まりで
した。

今、私のデスク脇にある皮装のメモリアルブックの中の、フランスからイタ
リアからアメリカからスペインからイギリスからフィンランドから集まった
作品たち。ざっと18冊でしょうか。
まさに「メモリアル」で、いまや故人となった作家、外国の作家などが並ん
でいます。

それは1980年頃から積みあがった海文堂ギャラリーからギャラリー島田への、
この2021年へと至る40年の歩みの証言そのものなのです。
物を書く人は書いたものを残す。描く人は描いたもの、すなわち作品を残す。
それをメモリアルとして残す。何百人という画家が刻印するのです。

私にとっては新しい旅路を知ることはないかもしれません。しかし、今、新
しい旅路にあるスタッフ、あるは作家たちにとって、これらは、どこにもな
い、かけがえのないメモリアルなのです。

(画廊通信6月号「蝙蝠日記」より抜粋。全文はこちらで近日お読みいただ
ける予定です→http://gallery-shimada.com/koumori/

==================================
2 展覧会紹介
==================================

感染症対策に努めつつ、2つの展覧会を開催しております。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
WAKKUN展「もらった種とまいた種」 5/15(土)〜5/26(水)B1F un
――――――――――――――――――――――――――――――――――
自分の生きている場所で、時間で
色んな出会いがあって、
出会った人から種をもらい
それを心で味わって
絵とか言葉が生まれてきます。

「もらった種とまいた種」
どんな絵とか言葉が生まれてきたか
どうぞ味わってやってください。
WAKKUN

展覧会情報はこちらからご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=7328

――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太展 前庭ヴァカンス 5/15(土)〜5/26(水) 1F trois
――――――――――――――――――――――――――――――――――
今年の2月下旬、僕は突然、強烈なめまいに襲われ、訳の分からないまま救急
車で運ばれて、緊急入院することとなりました。激しいめまいのせいで何日
間かは食事も出来なくて、ただ目を瞑って寝ているだけの生活でした。でも、
たくさんの人にお世話になり、大切なものに改めて気付かされたような時間
になりました。

僕のめまいの原因は、「前庭神経炎」という、耳の奥の神経に障害が起こり
平衡感覚を失う病気でしたが、ある知人が何気なく、「上村さんらしい病名
ですね。上村さんが前の庭でスケッチしてるみたい」とポツリと言ったのを
聞いて、僕は、へえーっと思いました。僕がめまいに襲われた時間は、たぶ
ん、僕が前庭で、スケッチしていた時間だったかも知れないし、それは、か
けがえのない「前庭ヴァカンス」だったのでしょう。

今回、展示している作品は、僕が「前庭」で描いていた絵なのかも知れませ
んね。
上村亮太

展覧会情報や島田誠のテキストはこちらからご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=7332

◆上村亮太の受注会

このたび新しい試みとして、会期中の作家在廊日に「受注会」を行うことに
しました。
ご希望のかたといろいろお話をして、今回は「玄関に飾る絵」を描いてみよ
うかなと思っています。

詳細は、ギャラリー島田にお問い合わせいただけたらと思います。
感染防止に留意して行いたいと思っています。
上村亮太

==================================
3 オンライン・ストアのお知らせ
==================================
先日展覧会を終えた上住雅恵さん、梅田恭子さんの作品を、
オンライン・ストアにて公開・販売予定です。
どうぞお楽しみにお待ちください。

前号でもお知らせしました田鎖幹雄さんの蜜蝋画のシリーズは、
5月22日(土)をもって終了いたします。どうぞご覧ください。
https://gallery-shimada.stores.jp/?category_id=5f7064bd4b0839183b09b217

==================================
4 今日の言葉
==================================
自己の執念の衰えぬうちに、対象の剥落のすすまぬうちに、人はそれぞれの
問題と取り組まねばならぬ。   服部正 道化断章 より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━