■□■□2021年2月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1567号 2月16日

■□■□2021年2月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1567号 2月16日

      武内ヒロクニ展・山内雅夫展 会期終了間近!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   松谷武判様

2 展覧会紹介  武内ヒロクニ展
         山内雅夫展
         奥田善巳・木下佳通代展
         黒川紳輝展
          
3 オンライン・ストア、ミュージアムのお知らせ

4 今日の言葉  ハヤクオイデヨ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================

「松谷武判様

昨日、兵庫県立美術館が開館50周年「今こそGUTAI」の最後の日でした。
スタッフ3名で行ってきました。
松谷さんは<Work ’65>でしたね。
山村徳太郎さんの収集活動時代なのでしょうか。

私は海文堂ギャラリーから展覧会をさせていただいたのは
白髪一雄さん、嶋本昭三さん、元永さん、中辻さん、上前智祐さん、
山崎つる子さん 堀尾さん、浮田要三さん。
といっても必ずしも「GUTAI」の作家を大きく
打ち出したわけではありません。

・・・・・

今は、『美術と私たちの近・現代』吉村良夫さんの本をよんでいます。
「パリで覚った黒の奥深さ−松谷武判展」(P114)
洛北の瑞雲庵。幽玄の黒。「墨に五彩あり」など。・・・

ギャラリー、トロワでは山内雅夫の大作を8点ほど展示が始まりました。
今、世界中の国にいる知人の画家、音楽家などの皆さんに
パンデミックについての考えやなどを書いてもらっています。・・・・」

         ※   ※   ※

パリの松谷武判さんとメールで近況のやりとりをしている。
松谷さんも昨年から、ご自宅とアトリエをただ往復する生活だという。
そんな中で一昨年のギャラリー島田での
「堀尾貞治、神野立生、ダニエル・ポントロー、
松谷武判 四人展」のことを懐かしく
思い出してくださっていると新年の挨拶にあった。

そして不思議なことに、松谷さんもちょうど
吉村良夫さんの随想を読んでいるところだ、と。

パリではCovid-19のワクチン接種が始まったそうだ。

==================================
2 展覧会紹介
==================================

会期終了間近のコレクション+ 展2つ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
コレクション+ シリーズNo.10
武内ヒロクニ展  明日2/17(水)まで B1F un にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会情報はこちらからご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=7181

スタッフ・ブログはこちらからどうぞ。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=10276

――――――――――――――――――――――――――――――――――
コレクション+ シリーズNo.11
山内雅夫展  明日2/17(水)まで 1F trois にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会情報はこちらからご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=7184

スタッフ・ブログはこちらからどうぞ。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=10289