■□■□ 2020年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1558号 11月12日

■□■□ 2020年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1558号 11月12日

  隠れた魅力に出会えます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  

2 展覧会紹介 アートの架け橋 ギャラリー島田コレクションをあなたに 
        上村亮太「アネモネ戦争」普及版出版記念展 

3 オンライン・ミュージアムのご紹介

4 今日の言葉 命は命に耳を澄まし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
共生の社会への対話

朝日地球会議2020から
マルクス・ガブリエル(ドイツ) 哲学者

都市封鎖(ロックダウン)は当初は弱い立場の人を守る、から始まったが、
次第に権力が生命を管理する方向にむかった。
「自分だけが生き延びるという考えを克服し、全員が他者のために何かを犠
牲にして危機を乗り越えなければいけない」
人類の共通の敵はコロナではなく、子孫を脅威にさらす全体主義である。
子供たちの未来と、法の支配や民主主義という価値のためなら命を投げだせ
る。

所薫子さんが、ずっとやってこられている「命の管理はもうやめて」のこと
とダイレクトに繋がってもいます。

==================================
2 展覧会紹介
==================================
11月7日(土)より、地下では久しぶりのコレクション展、
1Fでは出版されたばかりの「アネモネ戦争」普及版をお求めいただける記念
展が始まっています。
ギャラリー島田自慢のコレクションを、所狭しというほどに。
そしてアネモネ戦争が出来上がるまでのドローイングの数々…。
どちらも、お目にかかれるのが貴重な魅力でいっぱいです。ぜひご覧くださ
い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
アートの架け橋
11/7(土)〜 11/18(木) B1 unにて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会情報はこちらからご覧ください
http://gallery-shimada.com/?p=7067

スタッフブログはこちらから
http://gallery-shimada.com/blog/?p=10079

◆本展は、ご案内状のご優待券をお使いいただくことで、
2万円以上の作品は1万円の割引、10万円以上の作品は5万円の割引でお求め
いただけます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太「アネモネ戦争」普及版出版記念展
11/7(土)〜 11/18(木) 1F troisにて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会情報はこちらからご覧ください
http://gallery-shimada.com/?p=7070

スタッフブログはこちらから
http://gallery-shimada.com/blog/?p=10074

==================================
3 オンライン・ミュージアム紹介
==================================
先月10/10(土)〜10//21(水)に開催されました、きたむらさとし展のオン
ライン・ミュージアムを公開いたしました!
https://www.galleryshimada-museum.com/kitamurasatoshi201010

絵本や絵画作品にまつわるきたむらさんのトークとともに、会場の様子をご
覧いただける映像を公開中です。
展示されていた絵画作品をオンラインでご覧いただき、お求めいただけます。

==================================
4 今日の言葉
==================================
異なる民族どうし。殺し合うばかりでなく、豊かにしあうことだってできる。
  水と空気を
  奪われ
  光を消されても
  手をつなぎ

  命は命に
  耳を澄まし
  声をたてず
  階段をのぼりつづける

  天使が空に
  かえった朝も
  小さな足あとが
  ただ闇にかがやき  「階段、二人の天使」より 
     
山崎佳代子 詩集「薔薇、見知らぬ国」

山崎さんは 特別寄稿パンデミックの時代に9に書いていただいています。
今回は山崎さんによる訳書「ダニロ・キシュ 若き日の哀しみ」に感銘を
受けての引用です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━