■□■□ 2020年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1549号 9月7日

■□■□ 2020年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1549号 9月7日
 
              鴨居玲の命日に  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記 

2 展覧会紹介  鴨居玲と神戸 ―没後35年 特別資料展
         Glass Works 友定聖雄展

3 オンライン・ストア

4 コロナ禍における芸術関係者アンケート 集計結果

5 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
財団は4月5月に緊急支援助成を実施。それに全力を注いできました。
そしてギャラリーは「未来圏から!」をはじめ力のはいった企画を。
そして現在は鴨居玲のオンライン・ミュージアムが始まりました。

本日9月7日は鴨居さんの命日です。
みなさんと共に鴨居さんを思ってすごしたいと思います。

そして、
新しいプロジェクトの構想もまもなく公表すべく、準備を進めています。

***

木下晋さん。
NHKラジオ深夜便 9月10日午前4:00〜5:00 にご出演されます。
また、9月23日発売の「詩と思想」10月号(土曜美術出版社)にインタビュ
ー記事が掲載されるそうです。

==================================
2 展覧会紹介
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
鴨居玲と神戸 ―没後35年 特別資料展
9/9(水)まで B1 unにて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
没後35年となる鴨居玲。
直筆の手紙やパレットなど、貴重な資料を公開しています。
http://gallery-shimada.com/?p=6938

オンライン・ミュージアムでも公開を開始しています。
実展示より詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。
https://www.galleryshimada-museum.com/reycamoy

スタッフブログもどうぞ。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9862

――――――――――――――――――――――――――――――――――
Glass Works 友定聖雄展  9/8(火)まで 1F troisにて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
4年ぶり3度目の個展となる友定聖雄さん。
今回は、神戸市文化賞受賞記念展ともいうべき展覧会となりました。
troisの自然光の中、大作を存分にご覧いただけます。
http://gallery-shimada.com/?p=6910

スタッフブログもどうぞ。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9868

==================================
3 オンライン・ストア
==================================
現在、ギャラリー島田オンライン・ストアでは、
石井一男、井上よう子、上村亮太、須飼秀和、高濱浩子、きたむらさとし
の6人の作家を紹介しています。
https://gallery-shimada.stores.jp/

展覧会では出会えない作品たちです。ぜひご覧ください。

==================================
4 コロナ禍における芸術関係者アンケート 集計結果
==================================
「新型コロナウイルスの影響下における兵庫県内の芸術文化活動に関するア
ンケート調査」の調査結果が下記サイトにまとめられています。
どうぞご覧ください。
https://kobeartresearch202.wixsite.com/report

==================================
5 今日の言葉
==================================
鴨居が急死したのは1985年。まだ57才の秋でした。したたかに酒をのんで車
にのり、エンジンをかけ、しかしガレージにとどまったまま、排ガスで死ん
だのです。
いまひとつの空想をしないではいられません。
鴨居玲が生前もしギャラリー島田を発表の場のひとつとしていたら、と。
生きる時代がずれましたが、もし重なっていたならば。
この危険な画家はギャラリー島田というこの危険な絶壁でむしろ快適な気分
に浸りながらあれら危険な一連の作品を嬉々として並べたのではなかったか。

『坂の上の作家たち ギャラリー島田という絶壁 山本忠勝美術評論集』より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━