■□■□2020年6月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1540号 6月3日

■□■□2020年6月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1540号 6月3日
 
           選ぶことは 選ばぬこと 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  迷いながらも

2 新企画のご案内

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  迷いながらも
==================================
「こぶし基金」(神戸文化支援基金)の緊急支援(志縁)をようやく終えま
した。
この間、全役員が選考に関わり、膨大な業務を事務局が担い、まだ後処理が
続いています。
    
選ぶことは 選ばぬこと
辛いことです。
    
県下、六地区に16名のノミネーターと本部が、4月25日から5月23日まで三回
にわたりノミネート。
そして選考を繰り返し、55件を選ばせていただきました。
あれも、これも、志縁してさしあげたかった。
私たち全員がその思いを抱いています。

芸術文化を巡る環境は格段に厳しいものがあるとおもいます。
でも、だからこそ、いっそう
心をを砕き、関わっていきたいと思います。

今回の緊急支援(志縁)の詳細は公益財団法人神戸文化支援基金のHPでご覧
いただける準備をしています。
http://kobushi-kikin.com/

また、画廊通信 6月・7月合併号(6月18日発行予定)は、この特集となり
ます。

==================================
2 新企画のご案内
==================================
ギャラリー島田のraison detre(存在理由)を賭けて取り組もうとしているこ
と。
今年で42年目を迎えました。
先端的なアートを紹介してきたわけでもなく、ビジネスとして成功したわけ
でもありません。
神戸という地域に、そして関わる作家とともに在りつづけただけです。
そのSPIRIT(精神)の記録を残したいと思います。

その取り組みを若いスタッフたちがRealとVirtual、すなわちgalleryという
場とInternetという場を繋ぎながら、そこで生起すること。
すなわちhappeningを楽しみたいと思います。
その最初の試みです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
オンライン・ストア開設 きたむらさとし「悩みのるつぼ」挿絵原画 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー島田のオンライン・ストアを開設いたしました。
第一弾として、きたむらさとしさんの「悩みのるつぼ」挿絵原画を紹介して
います。
http://gallery-shimada.com/?p=6842

ギャラリー島田オンライン・ストア
https://gallery-shimada.stores.jp/

オンライン・ストアでは、次々と作家を紹介してゆく予定で鋭意企画中!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
オンライン・ミュージアムも企画中
――――――――――――――――――――――――――――――――――
また、ギャラリー島田の un, deux, trois の三つの場とInternet Museumを
同時に体験していただく試みにも挑戦してみます。

その最初が「未来圏から!」です。
詳細は追って・・・

==================================
3 今日の言葉
==================================
歌うように 語るように

微笑む春が走る

灰緑の描線をのこし

今 追いつけぬなら

けっして追い越してはならない

秋に足をとられ

冬に抱きとめられようと

僕はといえば

周回おくれの夏を肩に

萌葱色の足跡をたどる

2020 春 
伊津野雄二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━