■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1533号 3月14日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1533号 3月14日
 
            アネモネの花が咲きました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 展覧会へのお誘い

2 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太絵本『アネモネ戦争』 出版記念展
 3月28日(土) -4月15日(水)*4/3(金)は休廊
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展覧会ページはこちら
http://gallery-shimada.com/?p=6797

|||初日に予定しておりました、トークとレセプションは、延期開催する
|||ことに決まりました。また日時は追ってお知らせいたします。

上村亮太さんの絵本「アネモネ戦争」出版プロジェクト、約1年前から動き
出し、限定500部、細部に思いのこめられた絵本がまもなく、お披露目でき
ることになりました。

手から手へと
エディション500は上村さんの手によって書き込まれ、チーム・アネモネに
よって特性のケースに手作業でセッティングされました。そしてそのケース
には上村さん直筆のドローイングがセットされています。
たくさんのサポーターの方がたのご協力、そして先行予約のお申し込みをい
ただき、500冊きっとすべて手から手へと手渡されていくように思います。

大切なメッセージが
上村さんは絵本制作に取り組まれるのは初めてのこと。もともとアートブッ
クとして作られた手製本の作品が、編集者松田素子さんとのお出会いにより、
絵本へと生まれ変わりました。
チームアネモネ、BL出版の落合直也さん、神戸デザインセンターの濱章浩さ
んとともにチーム・アネモネはミーティングを重ね、様々なアクシデントを
乗り越えて、とにかくこれはみなさんに見てほしい、大切なメッセージがつ
まった絵本という作品が出来上がりました。

涙なしでは
原画展は、原画に加え、原画が完成するまでに、何百枚と描いてきた作品も
含めて展示いたします。上村さん曰く、涙なしには見られへんわ、と。それ
ぐらいたくさんあーでもない、こーでもないと思いをこめて描かれてきまし
た。
たくさんのサポーターの方々や、この絵本を見てくださる多くの人々のこと
を思い、描かれた作品です。
絵本とともに、一枚一枚の絵の中からまた物語を読み取っていただければと
思います。

最後に
この絵本プロジェクトへの協力を呼びかけるチラシに松田さんが書かれた言
葉です。

「本を届けるということは 声を届けるということです。
 その声が良きものであるように・・・」

ギャラリーでは、本と、そしてたくさんの絵を展示してお待ちしております。

チーム・アネモネ ホームページ
https://www.team-anemone.com

追伸:サポーターのみなさん、アネモネの花がそろそろ咲き出しています。
お写真、リポートなど、下記チーム・アネモネまでお知らせください。
teamanemone.kobe@gmail.com


ただいま、ギャラリー島田は休廊中です。

この時期に予定していた、加川広重展と小谷泰子展は延期開催いたします。
時期をずらすことで、ゆったりと、しっかりとご覧いただきたいと願っての
ことです。
新たな、会期は追って、このメールマガジンやHP、そして次号の画廊通信な
どでお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
小谷泰子 ―青の断片から青い闇へ
 http://gallery-shimada.com/?p=6765
――――――――――――――――――――――――――――――――――
加川広重展3.11 夜が明けるまで
 http://gallery-shimada.com/?p=6768
――――――――――――――――――――――――――――――――――

==================================
2 今日の言葉  出会いは絶景
==================================
ずっと思い続けながら拒まれて諦めようと思いながら諦めきれなかった
老いらくの恋  のことではない
上村亮太「アネモネ戦争」のことである
今、出さねば と焦るが 行方が見えない

間に合った

しかも考えうる限りの 何処にもない 在り方で

それは松田素子さんとの出会いであり
上村亮太さんの思いであり
チームアネモネが一体となってなしたこと

う れ し い!

蝙蝠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━