■□■□2019年10月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1509号 10月18日

■□■□2019年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1509号 10月18日

               Co-Trans-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   ともに Co-に 越えてTrans- 行こう

2 展覧会案内  島田陽− Tato Architects展
         明日19日、そして22日にトークセッション開催!

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  Co-Trans- 
==================================
チーム・アネモネについて
一冊の本を自分自身も参加して世におくり出す
本を作ることがゴールではなく、
その本を手にした方ひとりひとりの場所から新たな物語が始まり、
何かが湧き起こる、その力を信じようと。

チーム。アネモネについては
https://www.team-anemone.com/

この絵本は、読み終わったところでは終わりません。
絵本の中に込められる願いのタネを、
あなた自身の手と、声と、心とで、さらにあちこちに蒔き、
育てていってほしいのです。
本を出版するということは「声」を届けることです。
その声が良きものであるように。
そしてそれに関わり、受け取った方たちのところから、
さらに良き花が咲き広がりますように。
そんな志を胸に、この出版プロジェクトに関わる仲間を
「チーム・アネモネ」と名付けました。
あなたも、チームの一員となって、この本の根を育て、
水を注いでいただければと願っています。

編集者  松田素子

「チーム・アネモネ」のサポーターが続々、結集しています。
様々な特典を含む第一次締め切りは21日(月)とさせていただきます。
お急ぎ下さい。

==================================
2 展覧会案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー島田「TRANS- に向けて」シリーズ No.3
島田陽 タトアーキテクツ展  23(水)まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
トークセッション、開催間近です!
ご予約お急ぎください。

トークセッション1
西澤徹夫 (建築家)×島田陽(建築家)
+林寿美(インディペンデントキュレーター)

2019年10月19日(土)18:30〜20:00 B1 un にて
[ 要予約(定員40名)・会費1000円 ]

西澤さんは2020年にリニューアルオープンする京都市美術館や八戸新美術館
を現在設計中の建築家でいらっしゃいます。
他に東京国立近代美術館所蔵品ギャラリーリニューアルも担当されてこられ
た方でいらっしゃいます。

トークセッション2
五十嵐太郎(建築史家・建築評論家)×島田陽(建築家)
+林寿美(インディペンデントキュレーター)

2019年10月22日(火・祝)18:30〜20:00 B1 un にて
[ 要予約(定員40名)・会費1000円 ]

五十嵐さんは「あいちトリエンナーレ2013」の芸術監督。
「加川広重プロジェクト2015」でも登壇いただきました。

トークの後半は両日とも、
林寿美さんを交えて、trans-や地方におけるアートイベントについてもお話
しいただきます。
大変貴重な機会になりますので、ぜひともお運びください。

会場風景などは下記でご覧ください。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9103

――――――――――――――――――――――――――――――――――
高濱浩子展 なにもない、花  23(水)まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
多くの方が語らって賑わっています。
小品もご用意いたしました。
お運びください。

http://gallery-shimada.com/?p=6446

==================================
3 今日の言葉   こういう人が社会を前に進めるのだ パウエル
==================================
イラクにいって戦争下のイラク人への支援をした日本人三人が、イラク人の
人質になったとき日本の内閣と与党から「自己責任」とされやがて「反日分
子」という言葉まで国会議員が使うようになった。
米国の国務長官だったパウエルは、
こういう人が日本人のなかから現れることが、あなた方の誇りである。
こういう人が社会を前に進めるのだ、と言った。
私にとって、この言葉は、今も、自分の手の届かないところにあると感じた。

(鶴見俊輔「思い出袋」 岩波新書1234 P100,101

偶然ですが新書ナンバーが1234 引用ページが100、101でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━