■□■□2019年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1504号 9月19日

■□■□2019年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1504号 9月19日

           多くの人が行き交い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 展覧会へのお誘い  寺門孝之 間(あわい)の天使
            スズキコージ そもそもオリンピック展

3 フェリシモ 「神戸学校」へのお誘い

4 今日の言葉 「みなさんご一緒」に、ほとんど一晩で生まれ変わった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  多くの人が行き交い
==================================
それぞれ多くのファンを持つお二人
そこへアーサービナードさんも加わり
上へ下へ パティオへ

お楽しみください

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
寺門孝之 間(あわい)の天使 ANGELS of”AWAI”
9月14日(土)〜25日(水) B1F un
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ブログがその魅力とオープニング・トークの模様を伝えます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=8988

引き続きのスペシャルトーク
◆ 9月23日(月・祝)18:30〜 間のデザイン研究所始動記念トーク

スペシャルゲストをお迎えします。
三宅純さん。下記でどうぞ。
https://www.junmiyake.com/

要予約・無料。ご予約、お急ぎ下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
スズキコージ そもそもオリンピック展
絵本原画 + 巨大キャンバス画などなど
9月14日(土)〜25日(水) 1F deux & trois
――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://gallery-shimada.com/?p=6340

9月15日(日)の作者のアーサービナード(詩人)をお迎えしてのTALK SHOW
は笑い声の絶えない90分。終わった後も会場での交流・・・・・
ビナードさんは16日も会場へ・・・

ブログがその魅力とTALK SHOWの模様を伝えます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9029
なんと楽しそうなことでしょう。

==================================
3 フェリシモ 「神戸学校」へのお誘い
==================================
編集者、松田素子さんが9月28日(土)のフェリシモ 「神戸学校」でお話し
されます。
松田素子さんと言えば私たちの通信やアート・サポート・センター神戸での
おしらせで度々、登場されています。
そう、上村亮太さんの、アート・ブック「アネモネ戦争」の編集者でチーム
・リーダーを務めてくださっています。
300冊以上の本を世にだされ、どれもが松田さんでしか出せない価値を有して
います。

詳細は下記をご覧ください。
是非ともお運びください。
http://www.kobegakkou-blog.com/blog/nextguest.html

そのチーム・アネモネについては
https://team-anemone.com/
みなさんと一緒にアートブックを作っていくプロジェクトです。

==================================
4 今日の言葉
==================================
今日の19日で加藤周一生誕100年を迎える。
1919年9月19日生まれ。

加藤の生涯の言動を支えたものは何だろうか。それは人間の自由を求める烈
しい情熱と、ものごとの意味を究めようとする冷徹な知性だったに違いない。
(略)
世の中が悪い方向に変わりつつあるという「絶望」も深く感じていたが、そ
れ以上に望ましい方向にも変わりうるという「希望」を信じ「希望」に賭け
ていた。
加藤は見事なまでに「希望」を捨てなかった。「希望」を捨てないかぎり
「敗北」はない。私たちが加藤から引き継ぐべきはまさに、この「希望の精
神」に違いない。

鷲巣力「加藤周一を読む」から

権力の批判者のいない民主主義というものがあり得るだろうか、またあるい
は批判精神のない知識人というものがあり得るだろうか。
民主主義を保証し、知的日本の存在を保証してきたのは、彼ら全体であった
ろう。
「みなさんご一緒」主義によって行動することと、それを対象化し、意識化
し、相対化することとは、別の二つのことである。
前者は集団に埋没した圧倒的多数の人々の行動様式であり、後者は集団から
独立した精神の自由の働きである、
(略)
1945年夏、「日本人」は集団的に「みなさんご一緒」に、ほとんど一晩で生
まれ変わった。

(「日本文化における時間と空間」P124)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━