■□■□2019年4月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1471号 4月13日

■□■□2019年4月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1471号 4月13日

              乾坤一擲    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 展覧会へのお誘い
   松井鮎子彫刻展−木を喰む、時を喰む− 4/13(土)〜
   マサル・マツハラ ミニアテュールアート 2019’神戸 4/13(土)〜

3 今日の言葉
  私は一所不住の旅を続けてきた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   どれもこれもが緊張を孕む
==================================
梅田恭子展も謎めいていながら深く心に届きとてもよかった。
そして三沢かずこ展も
現在の到達点を示し、画集も 深く美しいものでした。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
松井鮎子彫刻展−木を喰む、時を喰む−
4/13(土)〜4/24(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
乾坤一擲
緊張を孕みつつ とても美しい空間です 
40億年の水の惑星に75億人。卵が育む一つの命。
卵は星となり「天の河」となる。 

永遠なる彼方からの雫が地と天空を繋ぎ屹立し「地の河」は深海となる。
松井はその奇蹟を深く抱き、ありえない手業で神秘を造形する。
木を喰み、時を喰み、それはあなたへ架空の通信。 

http://gallery-shimada.com/?p=5979

――――――――――――――――――――――――――――――――――
マサル・マツハラ ミニアテュールアート 2019’神戸
4/13(土)〜18(木)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
これまた超絶技巧の世界 摩訶不思議
リヒャルト・ワーグナーの世界だそうですが。
さて・ワーグナーといっても長大膨大難解な世界。
そして世界を救済する天上への思いなどを極微細画でどう表現するのか。

http://gallery-shimada.com/?p=6027

==================================
3 今日の言葉
==================================
奢らず、
誇らず、
羨まず、
欲を捨て、
時流をよそに脱俗を夢見て、
私は一所不住の旅を続けてきた

堀文子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━