■□■□2018年12月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1456号 12月13日

■□■□2018年12月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1456号 12月13日

          後藤正治さんをお迎えします
         ― 我、拗ね者として生きる ー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記
   蝙蝠料理のゲスト・シェフとして、
   ノンフィクション作家の後藤正治さんをお招きします。
   そして蝙蝠大夜会

2 共催企画 ゴトウ千香子忠臣蔵作品展のご案内

3 今日の言葉
   「サドイスティック・コンフォーミズム」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
蝙蝠料理のゲストシェフに
「奇蹟の画家」の著者 後藤正治さんをお迎えします。

ギャラリーの40周年を巡って
そして「拗ね者たらん」のお話しなど

それは誰の事かな

後藤さんの話題の新刊のサイン会も・・・・

ご予約、お急ぎ下さい。

◆12月15日(土)18:30〜
第355回 土曜サロン 40周年“旅にしあれば”
サロン特集「語らいの時 後藤正治さんと島田誠」
※要予約(限定40名)・¥1000

そして
40周年のしめくくりに「40年目の蝙蝠大夜会」
島田容子シェフのレシピに腕利きの料理人が腕を振るいます。
そしてBAR蝙蝠特製のハイボールなど
様々に工夫を凝らしてお待ちしています。

◆ 12月19日(水)17:30〜
※要予約・¥1000

こちらも40名限定です。どうか大夜会で楽しく締めくくりましょう。

奮ってご予約をお願いいたします。

==================================
2 共催企画 ゴトウ千香子忠臣蔵作品展のご案内
==================================
京都・有斐斎弘道館と、ご縁あって共催企画の開催をここ数年毎年12月に続
けています。

江戸時代の日本人が熱狂した歌舞伎芝居。
日本人が永く愛してきた忠臣蔵を通して、ゴトウさんの眼差しを通して、
現代の日本人が忘れかけている何かをご一緒に思いおこすことができれば、
との思いです。

弘道館のお茶室、お庭もごゆっくりお楽しみいただけます。

「ゴトウ千香子 歌舞伎仮名手本忠臣蔵作品展」
会期:2018年12月8日(土)〜2018年12月16日(日)10:00〜17:00
会場:有斐斎弘道館
  (京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1)
入場料:弘道館の入館料として500円頂戴いたします
*別途、呈茶もお申込みいただけます

https://kodo-kan.com/events/goto_print/

==================================
3 今日の言葉
==================================
「サドイスティック・コンフォーミズム」
(佐渡へ佐渡へと草木はなびく)的順応主義

「弱きを援け、強きを挫く」というところまでは到底ゆかぬが、
少くとも私は世の中の「強き者」」を好まない。
「強き者」は、総じて、自己の信念から導き出した結論を、
「弱き者」に押しつける傾向が著しいからである。

加藤周一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━