Gallery SHIMADA メールマガジン 1025号

□■□2014年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1025号
          ギャラリーでお菓子?   
          
1 蝙蝠日記  いと可笑し
2 容子日記  京菓子に込められた「祈り」に、現代に生きるヒントを探ります。
3 展覧会案内 堀尾貞治・市英昭二人展「不協和音」
3 土曜サロン 不協和音
2 今日の言葉  

登録、解除は下記から(新しくなっています)
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

面白いと思われたらお勧めください
#################################
蝙蝠日記  ギャラリーでお菓子とはいと可笑し 
冗談を言っている時ではないのですが、ギャラリーでのお菓子展です。
もともと美術を本業とするギャラリーでありながら様々な異文化をどんどん
紹介していますので変種扱いされてきました。
慈照寺のお花とのコラボレーション、日本の古典シリーズも今年は「能あそび」
のシリーズが好評です。
恥ずかしいことですが私は今まですべてが西洋に向いてきましたから、今、ようやく日本の伝統文化を学びはじめているところです。 こうしたこと、全てがご縁の導くままなのですが、有斐斎 弘道館(京都)との
コラボレーションで本格的なものです。
◆◆容子日記
「祈りの菓子 ―京菓子展―」
ギャラリー島田初の「お菓子」の展覧会を企画いたしました。
10月18日(土)〜23日(木)
創作菓子「日菓」の活動で注目されている杉山早陽子さんの「御菓子丸」と、
京文化研究・食文化研究の第一人者で世界中でアートとしての菓子や茶会を
プロデュースする太田宗達さんの「御菓子角」の二人展です。
テーマは「祈り」。京菓子の多様な文化的役割を考え、京菓子に込められた
「祈り」に、現代に生きるヒントを探ります。
ギャラリー空間を信仰の場と捉えたアートとしての茶会も企画していただきました。
http://gallery-shimada.com/?p=2283
◆「悔過茶会」(けかちゃかい)
・10/19(日)
(1)13:00〜14:00(満席御礼!)
(2)15:00〜16:00(残席ございます。ご予約お急ぎください。)
・参加費 2000円
・各回限定 10名(要予約)
◆生菓子の販売
・10/18(土)、10/19(日)のみ
・御菓子角と御菓子丸の生菓子、各1個の2個セット 800円
・各日限定10箱
ぜひお越し下さいませ!
企画協力:有斐斎 弘道館
http://kodo-kan.com/
■■■
展覧会案内 堀尾貞治・市英昭二人展「不協和音」
世界を飛び回り、世界一の展覧会暦をもつ、ひっぱりだこの堀尾さん。ほとんど発表してこなかった市英昭さんが轟かす不協和音・・・・ 市英昭さんの言葉です
妙な縁で二人展の誘いが舞い込み僕らは驚いた。面識のない岩波書店編集者の森光実さんが仕掛け人だそうで、僕は飛びついた。
堀尾さんと知り合ったのは1980年で彼が職務で名古屋に滞在していた時期である。知り合って間もなく彼は神戸に戻り愛知県とは地理的に離れていながら交友関係に発展したのは不思議な縁だが、馬が合ったこと、打てば響く人だからだろう。 離れていたからこそ堀尾色に感化されすぎず染まらなくて済んだ。そんな関係で不協和音ながら一味違う二人展になるだろう。
僕は永年もの作りを熱心にやっているが、ろくに発表していなく他者の評価は判らないが客観視する機会でもある。
■土曜サロン(予告)
10/18(土) 17:00〜 [無料、予約不要]
オープニングトークサロン 「不協和音」 堀尾貞治+市英昭
聞き逃せない面白いことになりそうです。
http://gallery-shimada.com/?p=2276
■■今日の言葉
「テロリストは(銃撃で)私の目的や希望を打ち砕こうとしたが、私を変えることはでき
ませんでした。反対に弱さや恐怖、絶望は消え、力強さ、情熱、勇気が生まれたのです」
「私は過激派を憎んではいない。過激派の子どもたちを含むすべての子どもに教育の機会を与えてほしいと伝えるためにやって来た」
1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそがただ一つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。ありがとうございました。 マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)2013年7月12日国連演説より
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/12/malala_speech_n_3588163.html 蝙蝠から
以前、紹介したマララさんの言葉です。全文を読むことができます。
今年のノーベル平和賞を受賞されました。

####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊にする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
 TEL&FAX 078-262-8058
発行責任者 島田誠
ホームページ: http://www.gallery-shimada.com
メールアドレス:gallery.shimada@dream.com