■□■□2018年10月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1442号 10月13日

■□■□2018年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1442号 10月13日

              不思議な世界へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 展覧会へのお誘い
   小曽根環展 
   落直子展
   秘蔵作品大放出市  

2 サロン  第349回神戸塾日曜サロン       

3 今日の言葉               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
小曽根環展 ダイジニオモウコト   10/13(土)〜24(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
作家の言葉から
彩色樹脂のみをアクリル板に施すシリーズです。木目の縛りから解放され、
色と形の幅も広がり、より豊かな空間となりました。
自然が持つ豊かな恵みという、今までより一回り大きくなったテーマを「ダ
イジニオモウコト」として掲げ、常に聴こえる鳥達の囀りとあいまって、自
然の豊穣な恵みを想起させる彩色樹脂が躍動し、心地よい体験をして頂ける
場となります。

素晴らしい。美しい。ともかく、ご覧ください。
http://gallery-shimada.com/?p=5589

これまた大規模な展示作業ですね。
細部にいたるまで空間のみならず照明や設置方法に至るまで。
松浦友与が報告します。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=8127

お見逃しなくお運びください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
落直子展 Landscape ―now here―  10/13(土)〜24(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
作家の言葉から
森の中で散策して見つけ出したhole。それは何かの出入り口で向こう側の景
色が見える。
今回は、縦12mの作品では時間と空間を意識し、絵の中を旅する気持ちで制
作した。
私の考える時間と空間はそれが交差した点となり、自由に何処にでも移動で
きる宇宙的世界…..
現実と想像の境の向こうにあるゆっくと流れる時間や常識を飛び越えた不思
議な感覚を感じてほしい。

幻想的で美しい情景。
http://gallery-shimada.com/?p=5594

万華鏡のように変化する。
林淳子が報告します。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=8130

七変化をお楽しみください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー島田コレクション 秘蔵作品大放出市  10/13(土)〜24(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
40周年の半ばにさしかかりました。夏季休暇を返上して様々なものの大整理
を行いました。そこで考えました。作家の個展が中心なので、なかなか珍し
いコレクションを見ていただく機会がありません。貴重な作品も多く、そう
した秘蔵作品を大放出いたします。お見逃しなく。

さてどんな作品が どんな値段で・・・・
会期中、展示替えも頻繁に。
早いもの順に どんどん持ち帰りいただきます。

予定作家などは下記で。
http://gallery-shimada.com/?p=5610

ここ数日、重度のぎっくり腰。
私は簡易ベッドに寝ながら指揮を執る破目に。
島田容子が報告します。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=8123

出会いと発見の楽しみをどうぞ。

==================================
2 サロンのお誘い
==================================
第349回 土曜サロン
ギャラリーコンサートとトーク「ダイジニオモウコト によせて」

日時: 10月20日(土)17:00〜
ゲスト:Coupie(環境音楽)

トークのお話しのお相手は、越智裕二郎(西宮市大谷記念美術館館長)
予約不要。どなたでもどうぞ。

==================================
3  今日の言葉
==================================
希望だけでできている
うつくしい星
というものが 何処かに
生れている
としたらまだ 生きてゆけそうな
気がするんだ

山本萌(もえぎ) 詩人・画家

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━