Gallery SHIMADA メールマガジン 1024 号

□■□2014年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1024号
            能あそび 
          
1 蝙蝠日記  今日です
2 「二月のテーブル」 ありがとうございました
3 うれしいニュース  「記憶のナギさにて」
2 今日の言葉  作品はその人の精神に等しくあるものだと思う

登録、解除は下記から(新しくなっています)
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

面白いと思われたらお勧めください
#################################
蝙蝠日記   秋の古典シリーズ「能あそび」 第2回 神・男・女・狂・鬼 という能の代表的な役柄を紹介しながら、神戸が舞台となっている演目を謡い、舞い、 じっくり楽しむ4回シリーズです。
残席僅か ご予約下さい(電話可)
日時:2014年10月9日(木) 19:00~20:30(開場 18:30)
会費:2,000円(ASK会員:1,500円)
神・男・女・狂・鬼 という能の代表的な役柄を紹介しながら、神戸が舞台となっている
演目を謡い、舞い、じっくり楽しむ4回シリーズです。
今回は「男」です。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5052
前回の「神」のサロンの様子を下記でご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/salon/?p=178
◆◆
「二月のテーブル」の音源をお持ちのかたはいらっしゃいませんか。
とお尋ねしました。すぐにご連絡いただきました。
残念ながら私の指揮は50年前のコンクールでの演奏で、それではないのですが
後に六甲男声合唱団が再演したものだそうです。ありがとうございました。
◆◆◆◆
白石一文さんの新聞連載小説「記憶の渚にて」が10月15日から神戸新聞で始まること
になりました。挿絵画が井上よう子さん。東京新聞、中日新聞、西日本新聞での掲載は
決まっていたのですが、神戸で読めることは本当にうれしいです。白石さんには色々と
お付き合いさせていただき、愛読させていただいています。井上さんとの縁もギャラリー
島田でもありました。皆さん、是非、お読み下さいね。
■土曜サロン(予告)
10/18(土) 17:00~ [無料、予約不要]
オープニングトークサロン 「不協和音」 堀尾貞治+市英昭
聞き逃せない面白いことになりそうです。
http://gallery-shimada.com/?p=2276
■■今日の言葉
堀尾貞治の言葉
やれんということはない、
やる気が無いからやらんので自分がこうしたいと思ったことをやってあたりまえ
作品というものが嘘なら自分も嘘で作品はその人の精神に等しくあるものだと思う
どこを切っても金は金。木は木、砂は砂、石は石である生き方/一つの考えが出来た
らそれに向かってやっていくと、考えを超えたことが超ってくる。 
                            2007年2月9日