■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

            志水克子さんを偲ぶ会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   明日 ギャラリー島田で

2 今日の言葉  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   「志水克子さんを偲ぶ会」のご案内
==================================
志水克子さんと言ってもご存じない人がほとんどでしょう。
私が海文堂書店の社長を務めていた27年間、事務職として勤めて下さってい
ました。

私が辞したのが2000年。
志水さんが94才で亡くなられたのが2017年9月7日でした。

亡くなられて、思いがけず、私に遺贈が残され、公益財団法人「神戸文化支
援基金」へ寄付しました。

御葬儀はお身内の方がおられず、海文堂の仲間で執り行いました。

その後、遺品を整理していると、広い交友関係をお持ちだったことを初めて
知り、1周忌にあたる明日、7日(金)に 小さな「志水克子さんを偲ぶ会」
を持つことにいたしました。

志水さんが丁寧に作っておられた2010年の名簿でご案内させていただきまし
たが、その他にもお知り合いの方もいらっしゃると思います。

この機会に是非ともお別れをしていただきたいと思います。

志水さんが遺され財団へ寄付された多額の遺産についてもお話しいたします。

日時:2018年9月7日(金) 12:00〜16:00 (随時お越しください)
会場:ギャラリー島田 1F trois

会では、晩年の志水さんのご様子などを島田誠が随時お話しをさせていただ
きます。

平服でお気軽にお越しくださいませ。
一切のお心遣いは不要にお願いいたします。

==================================
2  今日の言葉
==================================
手押し車の若者

失われた愛をたしかめあうのも
いい、それぞれの受けた傷をいたわるのも。
だが、中にいるのが重荷だったら、
外にすべてを出せばいい。

窓を開け放て。人ごみにじぶんで
降りて行け。ちょっとしたことで、
うまくいく。いきものを見る、ゲームとか、
ブルー・ジーンズの、

手押車をおす若い労働者とか。
道を開けろと大声でどなり、
ちょっとでも下り坂とみると、
走るどころか、飛ぶ。

その時間、街にあふれる人びとは、
避けるけれども、黙ってなどいない。
そのうえを、がらがらと手押車の音と怒声が。
からだを揺すって、彼は歌う。

(ウンベルト・サバ詩集 (須賀敦子訳) P74-75)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━