■□■□2018年7月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1427号 7月20日

■□■□2018年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1427号 7月20日

           ありがとがんす

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記 ありがとがんす

2 展覧会へのお誘い
   ミニアチュール神戸展2018
   堀尾貞治展  あたりまえのこと 明日、パフォーマンス

3 今日の言葉
   有名な人たちの記憶より、
   無名の人びとの記憶に敬意を払うほうが難しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   ありがとがんす
==================================
今や真夏の恒例でかつ、大変盛り上がるミニアチュール神戸展。
毎年変わるテーマに、新作で挑むという高いハードルにも拘わらず多くの作
家が参加されました。
「Slowly」
「ホワイボン」
「Now’s the time to go いまこそわたれわたり鳥」
「わたしのかふか」
と謎めいたテーマが続きました。
今年は「ありがとがんす」です。
昨年は芥川賞の直木賞も宮沢賢治を主題にした作品でした。こんな時代、こ
んな今を生きていることだけでも不思議。
ものみなすべて今を生き、明日の命は知れない。
今年は「ありがとがんす」です。
表現者としてこの言葉。唯一無二のこの言葉。誰に、どこに、伝えたいのか。
DMは賢治の岩手山に、今年の幕開けに盛岡から招いた沢村澄子の書による
もの。

==================================
2 展覧会のおしらせ
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニアチュール神戸展vol.18「ありがとがんす」  7/21(土)〜8/1(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
出展作家については下記をご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/?p=5392

先日、たくさんの作家さんが参加されて展示を行いました。
これそのものがイベント。
和気あいあいの展示作業風景です。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7877

みなさん、こんなお値段で本当にいいの?
という価格にも驚きます。

参加することに意味がある。
皆さんは、そのお値打ちを発見することに意味がある!!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
堀尾貞治展「あたりまえのこと」         7/21(土)〜 8/1(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー 島田の1階の二つのギャラリー を使っての堀尾貞治展
明日 21日(土) 11:00から
いきなりのパフォーマンスからスタートします。
すなわち、制作と展示作業。空間をつくっていく作業そのものをご覧いただ
きます。

あるいはその創作に参加していただくかもしれません。

これも堀尾さん、ならではですね。
http://gallery-shimada.com/?p=5395

==================================
3  今日の言葉
==================================
有名な人たちの記憶より、無名の人びとの記憶に敬意を
払うほうが難しい。歴史の構想はその無名の人びとの
記憶に捧げられる。

ヴァルター・ベンヤミン
7月18日 朝日新聞 折々の言葉 から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━