■□■□ 2018年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1405号 3月24日

■□■□ 2018年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1405号 3月24日
         
             百花繚乱と桜の開花

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  神戸でも桜が咲き始めましたね

2 展覧会へのお誘い
   川島猛展「宇宙華」
     川島猛・川島順子さん 24日、25日 在廊されます
   サイモン エヴェリントン展「PINK」   今日から

3 藤本由紀夫展 ダッシュ と 関連のサロン
   336回 「タルホについて」 話し手 藤本由紀夫
   337回 「対話:藤本由紀夫×林寿美」
   338回 「ギャラリー ツアー」 :ご案内 藤本由紀夫

4 今日の言葉
   いま試されているのは、何をなすべきかではなく、
   何をなすべきでないかを言い得る、言葉の力です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  「PINK」について
==================================
我が家の近くの北野天満宮の桜はまだこれからですが。
寒暖の差が激しいこのごろ。
みなさん体調を崩されませんように。

ギャラリー島田はひとあしはやく満開で皆さんを幸せの世界へ誘います。
川島猛の宇宙の果てまで華やかに舞い踊れ
サイモン エヴェリントンの圧倒的なPINKの世界

その世界に包まれてあなたはなにを感じますか?
春心 エレガント エロティック 繊細  抱擁 艶やか 可愛らしさ
春心 妖しい欲情 

ひと時を  ギャラリー島田でお過ごしください。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
川島猛展 宇宙華  28日まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
宇宙の果てまで華やかにそして舞い踊れ
http://gallery-shimada.com/?p=5187

――――――――――――――――――――――――――――――――――
サイモン エヴェリントン展「PINK」 今日から29日まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
何故サイモン エヴェリントンはこのPINKに囚われたのか

前回の展覧会(2015)は「DEMONS」、悪魔でした。
地獄から天国なのでしょうか?

そのきっかけはサイモンさんが語ります
http://gallery-shimada.com/?p=5193

でも、それはきっかけにすぎません。
その本心は?
ずっとおられるご本人にお聞きください。

http://gallery-shimada.com/blog/?p=7680

==================================
3 展覧会の予告 藤本由紀夫展 ダッシュ
==================================
藤本由紀夫さんの神戸での初個展となります。
私たちにとっても、
  初  願っていた藤本さんが 
  初  三つのギャラリーを使って 
  初  一ヶ月間
  初  毎週 藤本さんに登場いただくイベントが

会場:全館
会期:3月31日(土)〜4月25日(水)11:00-19:00 ※毎週金曜休廊
詳細は下記をご覧ください。
サロンについては予約が必要です。(定員40名限定)
お急ぎください。
http://gallery-shimada.com/?p=5220

==================================
4 今日の言葉 長田弘の言葉から
==================================
「……この世の誰の1日も、1人のものである。(中略)
1人のわたしの1日の時間は、いまここに在るわたし1人の時間であると同
時に、この世を去った人が、いまここに遺していった時間でもあると考えま
す。亡くなった人が後に遺してゆくのは、その人が生きられなかった時間で
あり、その死者が生きられなかった時間を、ここに在るじぶんがこうして生
きているのだ、という不思議にありありとした感覚。(中略)
心に近しく親しい人の死が後に残るものの胸のうちに遺すのは、いつの時で
も生の球根です。喪によって、人が発見するのは絆だからです。……」

「……死ではなく、その人がじぶんの中にのこしていったたしかな記憶をわ
たしは信じる。……」

いまから10年前、戦後60年を迎えた年、新聞のインタビューで、詩人は
次のように言われたそうです。
「……いま試されているのは、何をなすべきかではなく、何をなすべきでな
いかを言い得る、言葉の力です。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━