■□■□ 2018年1月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1395号 1月16日

■□■□ 2018年1月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1395号 1月16日
 
         ゴールドベルク変奏曲が鳴っていた

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 公益財団法人「神戸文化支援基金」からのおしらせ

3 今日の言葉 一日一日を自分なりに生きる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
7日からはじまった沢村澄子展から―週間たった14日(日)、沢村さんのト
ーク「書よ、街へでよう!」(第333回日曜サロン)を開催しました。

盛岡から来られているし、私の方の告知も十分ではない。来られる方が少な
かったらどうしようと心配しましたが満席で驚きました。

朝から、床置きだった「いろはうた」の大作をスタッフのアイデアで外の壁
に展示。
こんな展示は私には考えもつきませんでした。

沢村さんのスライドとお話し。そして私との対話、皆さんの質問。二時間を
超えました。

私は離れたところで解説する沢村さんの声が全く聴こえず(内容は大体事前
に理解していました)、その間、会場を埋めた作品に眼をやっていました。

これは沢村澄子の「いろは歌による変奏曲」だなと思いました。
仮名あり、平仮名あり、漢字あり、抽象あり、形象あり。

と、思ったとたんに、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」が鳴り出したので
す。
グレン・グールドでした。

大変好評な沢村澄子展は、18日(木)16:00までです。お運びください。

http://gallery-shimada.com/?p=5079

2018年1月17日に思いを馳せて

阪神。淡路大震災から23年。
寒い朝にあの日に思いをこらしています。
あの日、あの朝を忘れないわけではありません。
「アートエイド神戸」という文化芸術の力で街を復興させる広範な運動を始
めました。

そしてその経験は「アーツエイド東北」へと受け継がれていきました。しか
しその源泉は、震災を忘れない、亡き人を追悼するということにとどまりま
せん。

今、ギャラリーで開催している「津高和一 架空通信」も「沢村澄子展」も
神戸の震災、東北の震災と関わり、私が二つの震災に関わることで実現した
ものです。

私たちにとっては自然災害だけでなない文明的危機に直面していると思いま
す。
忘れてはいけないことの順序と作法を誤らせることなく、出来ることをして
いきましょう。

1月17日のこの日に、津高和一さんの作品と並んで林哲夫さんの「1月17日 
長田」を飾ります。(16日〜20日)

http://gallery-shimada.com/?p=5079

==================================
2 こぶし基金(公益財団法人神戸文化支援基金)からのおしらせ
==================================
2018年度芸術文化活動助成事業を募集しています。
応募締め切りは1月19日です。お急ぎください。
応募要項は下記でご覧ください。
http://kobushi-kikin.com/support.html

==================================
3 今日の言葉
==================================
世代を問わず、時代を問わず、長い一生だろうが、短い一生だろうが、一日
一日を自分なりに生きる。それを積み重ねる。(略)それだけが唯一の希望
の源泉、と私は思うのです。(柳原和子)

後藤正治「節義のために」P335より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━