■□■□ 2018年1月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1394号 1月11日

■□■□ 2018年1月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1394号 1月11日
 
           「書よ 街へ出よう」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 展覧会案内

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
7日(日)11:00に 沢村澄子展で幕を開けました。
花士 珠寶さんの献花
ふさわしい厳しくも美しい立花がエネルギーに満ち満ちた沢村空間とあいま
って、床にはまだ「いろはうた」が各字墨の溜まりとしてありとてもうつく
しく調和していました。

遠くからもお見えになり、いつもと違う風雅を漂よわせています。

14日(日)14:00から 沢村澄子のトークを開催します。
第333回日曜サロン「書よ 街へ出よう」 聞き手:島田誠

寺山修司(青森県)は「書を捨てよ 町へ出よう」と言い
沢村澄子(岩手県)は「書よ 街へ出よう」と伝えます。
東日本大震災を期に街へ出た沢村の実践を画像を交えてご覧いただきます。

予約不要 無料

==================================
2 展覧会案内 
==================================
沢村澄子展
http://gallery-shimada.com/?p=5079

展示作業風景を猪子大地が報告いたします。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7577

津高和一 架空通信
http://gallery-shimada.com/?p=5079

==================================
3 今日の言葉
==================================
沢村澄子は異端な書家である。それは書という表現の本質を問うことから自
分の表現を「用意」から「率意」(=本質)へとストレートに向かうことと
定める。
「用意」は「理解」を生む。しかし「率意」は「感動」を生む。しかしこの
二項対立を克服させたのが震災体験であったという。「用意」を認めながら
も、沢村は頑として言う。
芸術をする精神とは、爆発的、暴力的、破壊的エネルギーに満ち満ちたもの
でなければならない。絶えず関係を壊し、秩序を変え、そこにエネルギーを
生み出し、生命ほとばしる次なる新しいものを創ってゆく、そのような、ど
こまでも力強く、果てしなく生産的なものであるべきはずだ。

沢村澄子「書の率意を考える」からの島田による引用である。
今しがた読んだところだ。私の直観がここに書かれていることがお分かりだ
ろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━