■□■□ 2017年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1380号 11月22日

■□■□ 2017年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1380号 11月22日  
       「奇蹟の画家」と呼ばれて  石井一男展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 大切なお知らせ 営業時間変更

2 石井一男展についてのおしらせ

3 ウグイス日記 作品オーディション中継

4 蝙蝠日記  「奇蹟の画家」と呼ばれて
 
5 今日の言葉  
  ただ絵を描きたいと思った。生きる証としての絵であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 大切なお知らせ 営業時間変更
==================================
2017年11月25(土)より、営業時間を 11:00〜18:00 に変更させていただき
ます。ご来廊の際はご注意くださいませ。
展覧会は、B1F 石井一男展、1F deux 金井和歌子展、1F trois 須飼秀和展
からの変更となります。
また、展覧会最終日は時間が異なりますので、ご確認ください。

==================================
2 石井一男展についてのおしらせ
==================================
2017年11月25日(土)〜12月6日(水)
11:00-18:00 *最終日は17:00まで
会場 ギャラリー島田 B1F

―● 11月25日(土)、26日(日)の対応についてのご案内 ●―
【整理券】 9:30より整理券を配布いたします。
【入場について】 整理券をお持ちの方を10時頃より、番号順に随時ご案内
いたします。
*作品の鑑賞のみご希望の方は、整理券入場の時間帯ではなく、午後からの
フリー入場の時間帯がゆっくりご覧いただけると思いますのでお勧めいたし
ます。
【購入点数について】整理券入場の時間は、お一人様一点でお願いします。

11月27日(月)以降は通常通り11:00よりオープンいたします。

皆様へ
整理券についての対応はあくまで購入を希望される方がゆっくりと選んでい
ただけるように過去の経験からの対応です。

*初日以降も数点ずつ新作を展示していきますので、会期中、ご都合に合わ
せてのご来場をお待ちしています。

==================================
3 ウグイス日記  作品オーディション中継 ―石井一男展にむけて
==================================
数日前、石井一男さんが大きな紙袋3つ分くらい、一年の間に描いた作品を
持ってこられ、展覧会に出品する作品を選ぶ作業をしました。その後は、コ
ウモリ最終チェック→額屋さんにバトンタッチします。

今までに、石井さんの作品はたくさん見せていただいてきて、私なりにこれ
は出したい(見てほしい)というメガネがよりクリアになってきているので
はないかしらと、思っています。
限られた時間の中で、選んでいかなくてはいけないけれど、一つ一つの作品
世界もさることながら、展覧会全体としてのバランス、そして、多くの方の
手に渡って大事にされてほしいという思いなど、色々な視点から、頭の中フ
ル稼働で、でもある意味感覚的に選んでいきました。

石井さんは、どちらかというと、その作業をアシストしてくれ、あまりこれ
を出したいとか、ご本人の気持ちははっきりと言われません。
私が選ぶのを黙って見守ってくださっています。
でも、時々、作品を手に取りながら、どれか出したい作品ありますか?とか
雰囲気が似ている作品は、どちらにしますか?とか私から石井さんにおたず
ねしてみると、石井さんの表情やうーんと唸る間合いから感じることがあっ
て、それで判断していったりもしました。
終わったときに、私が思わず、「あー疲れた、もう今日はこれで精一杯」
と言うと、笑って、「あー大変やったね、お疲れ様でした」と冗談まじりに
言ってくださいました。

今回も「女神」を多数だす予定ですが、今までの女神の空気感は引き継がれ
つつ、女神のバリエーション(色や構図など)ある意味、多彩になってきて
いると思います。
そして今回は、「花」も多数描かれています。その他、ひとり立つ、動物、
教会、風景などあわせてご覧いただく予定です。
まもなく始まります。オーディションで勝ち抜いた作品たちをどうぞ見にき
てください。

==================================
4 蝙蝠日記
==================================
ウグイス・オーディションで選ばれた作品を翌日、コウモリが多少、予備作
品と入れ替えながら出品作品を選定。全作品の写真撮影をインターンさんが
終え、額屋さんが数か月前から製作していた石井額にセット。23日、勤労感
謝の日に心を込めての展示作業を行います。

「奇蹟の画家」と呼ばれて
呼んだのも、呼ばれたのも私ではありません。石井さんがそう呼ばれること
には戸惑いがありました。
しかし、今、「奇蹟」と呼ぶに相応しいと思えるのです。
そのことを下記でお読み下さい。
最後のところに 石井一男展、須飼秀和展 チラシPDF とあります。
http://gallery-shimada.com/?p=4927

==================================
5 今日の言葉
==================================
長い空白を経て、深海でじっと真珠を抱き続けてきたアコヤ貝が海面へゆっ
くりと浮上してきたというべきか、男はようやく絵筆へと向かったのである。
画家になりたいと思ったのではない。
発表したいと思ったのでもない。ただ絵を描きたいと思った。
生きる証としての絵であった。
素直に、無心に、
自分の内にあるものを見つめてそれを描けばいい。

(後藤正治「奇蹟の画家」より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━