■□■□ 2017年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1376号 11月15日

■□■□ 2017年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1376号 11月15日  
        鮫ヶ浦水曜日郵便局へ手紙を書いてみませんか? 
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記
水曜日、一日だけの誰かさんへの手紙

2 このごろのサロン 充実し、盛況で うれしいです。

3 展覧会案内  
「TALA’S POP ART 2017 」展
石井一男展 
須飼秀和展
金井和歌子展 

4 今日の言葉 
「わがねえす(死んでしまいます)よ、気をつけてごじぇすよ」   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   今日は水曜日です
==================================
あなたの水曜日を送ると誰かの水曜日が届きます。
鮫ヶ浦水曜日郵便局へ手紙を書いてみませんか?
そんな素敵なお誘いが舞い込みました。
http://artscape.jp/exhibition/art-flash-news/2017/10138694_20769.html

その水曜日一日だけの郵便局は宮城県東松島市に海に面してあります。
手掘りのトンネルを越えると太平洋が広がっています。
見知らぬ、たった一人の誰かに宛てて、自分の水曜日の物語を手紙に書く。
そして届くのは、誰かの水曜日の物語。それまでは知り合うこともなかった、
しかしこの同じ世界を、この同じ時代を、確かに生きている誰かからの消息
です。

この不思議な郵便局の局長(管理人)さんが芹沢高志(KITTOセンター長)
さんなのです。

私は東日本大震災(2011・3・11)から毎年、東北へ行ってきました。

交通機関が途絶したままの震災5ヶ月後の8月。仙台から仙石線で塩竃へ行き、
そこから船で松島へ。石巻まではまだ不通のため代替バスで「矢本」へ、そ
こから石巻線で石巻へ入りました。そのあいだ、嘘のように穏やかな海がた
だ茫洋と広がっていました。
次に松島を通ったのは、その2年後のやはり8月でした。
巨大絵画が繋ぐ東北と神戸(加川プロジェクト)の準備のために杉浦健(関
西学院HSC事務局長=当時)さんに運転してもらい、三日がかりで仙台―松
島―石巻―南三陸―釜石―大槌と太平洋を眺めながら旅をしました。
私の思いはいつも東北に、私の眼差しはその海に向いています。

鮫ヶ浦水曜日郵便局というプラットフォームの建設、そして維持のために皆
さんの志縁を必要としています。(クラウドファンディング)です。
https://samegaura-wed-post.jp/
これも大切な東北への眼差しであり、ネットやFaceBookとは違うリアルな手
触りです。
それぞれの志縁を繋いでいきましょう。

今、この文を書きながら、とても穏やかで幸せな気配に包まれています。
どうか、みなさんもプラットフォームにたってみませんか?

==================================
2 このごろのサロンやパフォーマンス 充実しています。
==================================
中島由夫は、終日、ざわざわ。
植田真さんのlive painting & music“on the playground, in the wind.” は60名をこえて、私は行ったことはないですが、ディスコ(disco)のよう
でした。

そして昨日のこと
第331回 神戸塾 火曜サロン 鼎談「父たちの戦争」を開催しました。
お話:
南輝子(歌人・画家) ジャカルタで虐殺された父を追う。
玉川侑香(いちばぎゃらりぃ侑香・詩人)アンボンで造船に携わる。
所薫子(アートスペースかおる・エッセイスト)中国大陸・台湾の帰還兵の
画家

私が20年以上お付き合いしている皆さんが、時を同じくして「父を戦争」
を追い様々な形で世に問うた。
その父の在り様がそれぞれに全く違う。
とても意味のある企画で、ここでしか実現できない、いや、ここで語られる
意義があるものでした。
30名を超えるみなさんが、また発言も活発で深いものでした。

(昨日、ばたばたとして、いろいろとお忘れ物があるようです。11:30以降
に心当たりのある方は、お問合せ下さい。078−262−8058)

「そして、私たちができる一番小さなことは、多くの不正義を潜りぬけた人
々の言葉に耳を傾けること・・・・」
この言葉は次回のサロンにお招きする山崎佳代子さんのもの。

第332回 神戸塾 火曜サロン 「食物と戦争と記憶 ―パンと野イチゴ」
[日時] 11月 28日(火) 18:30〜 ( 開場 18:00)
[お話] 山崎佳代子(詩人・エッセイスト)
[お相手] 季村敏夫(詩人)
[参加費] 1000 円 [ 要予約 ]

ベオグラードから山崎佳代子さんをお迎えします。
ご予約、お急ぎください。
詳細は下記をご覧ください。
http://gallery-shimada.com/salon/?p=385

==================================
3 展覧会案内
==================================
「TALA’S POP ART 2017 」展 11月18日から
http://gallery-shimada.com/?p=4897

石井一男展  11月25日から
http://gallery-shimada.com/?p=4927

須飼秀和展  11月25日から
http://gallery-shimada.com/?p=4930

金井和歌子展 11月25日から
http://gallery-shimada.com/?p=4938

と続きます。

どの展覧会もお待たせのものです。
ご予定下さい。

==================================
4 今日の言葉
==================================
「わがねえす(死んでしまいます)よ、気をつけてごじぇすよ」
ざしきぼっこの声が聞こえた。

無理をしないように気をつけないと。
「ざしきぼっこと俺(おんず)」阿伊染徳美(SURE)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━