■□■□ 2017年10月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1369号 10月28日

■□■□ 2017年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1369号 10月28日  
           Japanese Giant&Thunderbird      
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   スウェーデンから中島由夫を迎えて

2 展覧会案内  中島由夫展  今日から
         高原秀平展   今日から

3 第330回 神戸塾 土曜サロン  本日17:00から
    中島由夫展Thunderbird 2017 記念講演とトーク
    「アンビートからウベボダまで:中島由夫の60年代」 

4 今日の言葉 忘却への抵抗であり、記憶への意志である         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  みんな狂っているかもしれない
==================================
連日、展覧会の撤収、展示が遅くまで続き、お休みも作業が。
多くの方が手伝い、槌音が響き、梯子が出動し、ギャラリー というよりや
はり、現場の趣き。

この日のために命を削る作家さんの真剣さにスタッフもインターンさんもそ
れを受けて立つ。

そして構築された展示。是非、見ていただきたいです。

BF1では世界的な再評価が始まっているYOSHIO NAKAJIMA Thunderbirdが登場
します。Thunderbirdとは雷鳴を轟かす不死身の怪鳥。
  
ギャラリー島田DeuxではEmergingArtists seriesの第4弾、高原秀平「雨景山
水」がはじまります。

==================================
2 展覧会案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「中島由夫展 Thunderbird 2017」  10月28日(土)〜11月8日(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
国際的な評価が高まっている中島由夫をスウェーデンからお迎えして。
そして60年代の日本での前衛を疾風のように駆け抜けた怪鳥を、研究、評価
し、「中島由夫シンドローム」と名付けた嶋田美子(アーティスト・美学研
究)さんをお招きしてのサロンも今夕です。

1985年にはじめて展覧会を開催、共に歩んできました。その足跡をご覧くだ
さい。
「今」を苦闘する多くの作家にとってもこの破天荒さから学ぶものは多いと
思うのです。

海外でJapanese GiantともThunderbirdとも呼ばれている中島由夫さん。真
偽定かでない山のようなエピソードと脈絡なく届く膨大な資料と格闘するの
が歴代スタッフの仕事となった。そして日本では初めての「中島由夫画集」
「YOSHIO NAKAJIMA DOCUMENT」などを刊行し、中島由夫研究の基礎を作った。
そして速射砲のように放たれる冗談のような話が、真実で、より以上の世界
が広がっていることが研究によって続々と証明されてきている。そんな壮大
なスケールを楽しんでいただきたい。

今回は、解き放たれたように明るい作品が並びました。
http://gallery-shimada.com/?p=4802

中島さんは島田の2才上。でも変わらず情熱的で饒舌。
展示を指揮する中島さん。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7443

「中島由夫の歩み」と「中島由夫とギャラリーの歩み」を詳細に比較したフ
ライヤーをご覧ください。
(このblogの最後「チラシはこちら」をクリックしてください)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「高原秀平展 雨景山水」 10/28(土)〜11/2(木)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
EmergingArtists seriesの第4弾です。
Emerging(抬頭する)に相応しい作家が続くこのシリーズですが、また楽し
みな作家が登場します。
深く、スケールの大きな視点から現代という時代を油絵で描く日本画「雨景
山水」。
様々に技法を駆使しながらも、全体として見事に構成された空間が迫力をも
って迫っています。
洋画受容の歴史と日本画との相克。そして現代に生きる表現者としての在り
方。

高原秀平の言葉と会場風景です。
http://gallery-shimada.com/?p=4806

展示作業風景です。日をまたがって、二日かかりになりました。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7453

==================================
3 第330回 神戸塾 土曜サロン  本日17:00から
==================================
中島由夫展Thunderbird2017   記念講演とトーク
「アンビートからウベボダまで:中島由夫の60年代」
ゲスト:嶋田美子(アーティスト・美学研究)、中島由夫(アーティスト)
2017年10月28日(土)17:00〜
参加費:1,000円 ※ご予約ください

近年、中島由夫が切り開いてきた前衛の地平が歴史的に検証され、シンドロ
ーム(症候群)という絶妙な名を与えられて高く評価され始めている。
1984年の出会いから中島由夫という幻の怪鳥が吐き出す破天荒な雷鳴の正体
に私たちも絶えず挑み1994年に「YOSHIO NAKAJIMADOCUMENT 1940-1994」を
刊行した。
その研究の先端に立つ嶋田美子さんをお迎えして「正体見たり」の時を持て
ることは、この上なく刺激的で楽しみです。

==================================
4 今日の言葉
==================================
「嶋田美子の作品は忘却への抵抗であり、記憶への意志である」
「ジェンダー〜記憶の淵より」 笠原美智子

嶋田美子について。
素晴らしいARTISTです。この機会に是非、お出会い下さい。
https://www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/past/1999/simada/tenzi.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━