■□■□ 2017年8月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1346号 8月19日

■□■□ 2017年8月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1346号 8月19日 
 
   引き渡し前の工事現場で 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   お待ちしています

2 展覧会案内 上村亮太展 上村亮太展「続・続・続・SF」 今日から      
        田中奈津子 アブストラクト食う女     今日から

3 Macbethに深く心揺さぶられて

4 今日の言葉  私は蝙蝠が好きだ!  ピカソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
昨日は、BF1とDeuxのふたつのギャラリー で、ゆっくりと時間をかけての展
示作業が、そしてTroisでは壁の塗装作業、BF1ではバックヤード(水場)で
の大工仕事が。
今日(19日)の準備が進められていました。

==================================
2 展覧会案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太展「続・続・続・SF」 8/19(土)〜30(水) B1F
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「SF」シリーズも、今回で4回目になりました。「SF」は、特別なものではな
く、ごく普通の事や、どこにでもあるような景色。
誰もが知っているような事を描いたシリーズです。「物語のない物語」は、
きわだったストーリーがあるわけではなく、瞬間、瞬間の関わりや、瞬間、
瞬間の連続で出来ています。  上村亮太

http://gallery-shimada.com/?p=4618

展示作業風景をごらん下さい。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7313

ここには写っていませんが、正面には不思議な群像が。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
田中奈津子 アブストラクト食う女  8/19(土)〜25日(木)  1F deux
――――――――――――――――――――――――――――――――――
抬頭する作家を取り上げるGallery Shimada Emerging Artist第三弾、田中奈
津子さんの展覧会が始まります。
「喰う」という語彙に様々で複雑な意味を自らに抱きながら、それを敢えて
晒しだす試み。

「色や形、線、塗り、、、ご飯を食べなくてもそんな造形要素を食べて生き
ていけたら素敵なのになぁ」 田中奈津子

http://gallery-shimada.com/?p=4621

喰うか喰われるかの作品たち
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7306

皆さんの食後感はいかがですか。

==================================
3 Macbeth(マクベス)に深く心揺さぶられて
==================================
《ダンス×文学シリーズ Vol.1》 森優貴:構成・演出・振付

昨夜、神戸文化ホール 中ホールで見ました。
登場人物はマクベス(森優貴)とレディーマクベス(池上直子)の二人だけ。
「罪の血」と「運命の転落」でシェイクスピアの心理劇を見事に演じてみせ
ました。
画期的な舞台(藤野一夫さんのことば)でした。
幕が降りても静寂が支配していました。
こうした前衛的で質の高い芸術が毎夜、繰り広げられるようであって欲しい
です。
立ち上がって「ブラボー」と言いえばよかった。でも恥ずかしい。
森優貴は貞松・浜田バレエ団出身。現在、ドイツ・レーゲンブルグ歌劇場ダ
ンスカンパニー芸術監督。
今、聴覚に問題を抱える私にとってダンスという表現で優れた作品に触れた
ことも大きな喜びでした。

==================================
4 今日の言葉  ピカソ 私は蝙蝠が好きだ!
==================================
ご婦人がたは怖がるけれど…。きっと、彼女たちの髪の毛にしがみつくとで
も思っているのだろうね。
けれど、蝙蝠は素晴らしく精妙で、もしかすると一番美しい生き物かもしれ
ない。
あの、きらきら光る、利巧そうな目、そして、ビロードのようにしなやかな
皮膚をよく見たことがあるかい。見てごらん、このなんとも繊細な小さな骨
格!
ブラッサイの書いた”Conversation avec Picasso”「語るピカソ」から
(訳注:ピカソが大切にしている)ガラスケースの中にレピューニュのビー
ナスの塑像があり(中略)、そして、ここには磔刑のような姿勢で黒い支持
体に留められた蝙蝠の白い骨がある。

(フランス在住の山田晃・迪子ご夫妻からの暑中見舞いより)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━