■□■□ 2017年7月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1336号 7月7日 

■□■□ 2017年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1336号 7月7日 
 
      対照的な二つの世界 鬼彩なる天才と静謐なる天界
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  

2 神戸塾    火曜サロン 写真家 Robert Frankの魅力
         7月25日に開催いたします

3 展覧会案内  武田秀雄展とギャラリートーク
         井上よう子展

4 今日の言葉  武田の描く地獄はあなたのイメージを遥かに超えている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   なんでみんなにこにこするの? 
==================================
どこか体調に異変を感じ、次々と専門医を訪ねている。
ぼくがステッキを持っているので、まず、それを聞かれる。
症状を説明する。
脳検査のことは前に書いた。
満面の笑みで「きれいですよ!」

主治医のN先生を訪ねた。
経過を話し、睡眠障害を話した。そして今の忙しさを。
N先生は、満面の笑みで「すばらしいですね」くりかえした。
ついでに近くにある歯医者にも行った。
行きがかりで2度。歯石の除去だけで、笑顔で「すばらしい」と。
「笑み」がないのは、私だけなのか。

==================================
2 神戸塾 火曜サロン 写真家Robert Frankの魅力
==================================
台風でやむなく中止したサロンですが、下記の通り開催いたします。
「写真家 Robert Frankの魅力とプロジェクトの現代的意味」
 
25日(火)18:30(開場18:00)
「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」を語る
お話し:林寿美(総合プロデューサー、インディペンデント・キュレーター) 

お手数ですが、改めてご予約を、お願いいたします。
ご予約にあたっては、お名前とお電話番号を必ずお知らせください。
闘う写真家 92才の小さな革命
とても興味深いレポートです。
http://wired.jp/special/2016/robert-frank/?p=2

==================================
3 展覧会案内 
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
天才漫画家 「武田秀雄展 COLUMN」 7/8(土)〜7/19(水)  B1F
――――――――――――――――――――――――――――――――――
天才漫画家が、全てを賭けて挑んだ「天と地の争い」
エロスと闘諍!!
http://gallery-shimada.com/?p=4534

・会期に合わせて作品集が出版されます。
・7月8日(土)17:00から ギャラリートーク「武田秀雄 自作を語る」 
 そのあと 武田さんを囲んでの交流の場を持ちます。
・作家は会期中、在廊の予定です。

小賢しいアートをぶっ飛ばす天才漫画家の世界を丸ごとお楽しみください。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7222

武田秀雄の世界は下記でどうぞ
http://www.art-life.ne.jp/creator/artist_top.php?artist_id=A0018

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「井上よう子展 思いはずっとそこに… 」 7/8(土)〜7/19(水) 1F deux
――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://gallery-shimada.com/?p=4537
展示風景をスタッフブログでご覧ください。
http://gallery-shimada.com/blog/

井上よう子さんとの出会いは1989年に遡ります。
思えば遠くまできたものです。
HPです。
http://www.yoko-scene.com/index.html

==================================
4 今日の言葉
==================================
時代が天才を生む。しかし時として生まれた天才は嫌われる。
武田の描く地獄はあなたのイメージを遥かに超えている。
(「地獄篇」(2012年)解説から)

武田秀雄は天才である。
彼はトンボのような目で現象をとらえ、同じ目で人間の内部をえぐりだすよ
うに表現する魔術師である。
ブラック・ユーモア、滑稽さとサディズム。
しかし、彼の本姓はいたって繊細であり純粋無垢な男なのである。
(寺門蘭蝶による「地獄篇」のあとがき から)

井上よう子展と武田秀雄展の組み合わせは、とても興味深い。
正反対の表現に潜む「純粋無垢」
ご覧ください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━