■□■□ 2017年4月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1315号 4月26日

■□■□ 2017年4月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1315号 4月26日 
 
            神戸塾 サロンのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記    「芸と反骨」から
2 神戸塾サロン  「羅生門」上映とトーク
3 展覧会案内   上村亮太の世界 No.2 、細井美奈子展
4 今日の言葉   一本の鉛筆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
〇お礼
アート・サポート・センター神戸は多くの皆さまに支えられて様々なプロジ
ェクトやサロン、東北志縁なども行ってきました。
2017年度会費を多くの方から頂戴いたしました。
心からのお礼を申し上げます。

〇神戸塾サロン
第325回は、伊良子序による「羅生門」上映とトーク
5月16日(火)18:30−
第326回は フランティシェク・ノボトニー「無伴奏ヴァイオリンの夕べ」
6月20日(火)19:00−  詳細は追って

〇永六輔さんの伝言
僕が愛した「芸と反骨」(矢崎泰久 編 集英社新書)を読みました。
この時、今。
そして今更ながらに知らなかったこと、思い出すこと、その姿、声、振る舞
い、言葉。
しきりに永さんを思います。

この本から
 
現代政治家五訓
一、政治家は親分の命令に忠実なることを本分とすべし。
一、政治家は外国に礼儀を正しくすべし。
一、政治家は法律の言外の意味を尚(たっと)ぶべし。
一、政治家は金品を重んずべし。
一、政治家は世論をそらすことを旨とすべし。
(永さんも構成作家だった三木鶏郎 NHK「ユーモア劇場」から)

この番組の政治風刺に封印命令が出され、そして番組も中止に追い込まれる。
NHKの会長の首も飛んだ。
1954年、63年前のことです。

その30年後、真相がわかった。
当時の佐藤栄作幹事長本人の指示だったという。
(矢崎泰久 「永六輔の伝言 僕が愛した『芸と反骨』」P52,53)

永さんが取り上げた反骨の人たち
野坂昭如、渥美清、三木鶏郎、小沢昭一、淡谷のり子、美空ひばり、中村八大、
坂本九、水上勉、三国連太郎、筑紫哲也、井上ひさし、三木のり平
みんな、飛び切りのエピソードで繋がっていきます。

矢崎さんがこの本を纏め校了したのは7月7日。永さんは帰らぬ人となりました。
あとがきは 7月11日 出棺の日です。

8月30日の「永(なが)のお別れ会」を永く心に抱き続けています。

今は、誰もいない。

そして気がつけば

戦争が廊下の奥に立つてゐた  渡邊白泉(昭和14)

==================================
2 第325回 神戸塾 「羅生門」上映とトーク   
==================================
5月16日(火)18:30 (開場18:00) 21:00終了予定
参加費:¥1,000 (ASK会員および、NPO神戸100年映画祭会員¥500)
主催:アート・サポート・センター神戸、NPO神戸100年映画祭
「羅生門」上映と伊良子序(いらこ・はじめ)さん(作家、NPO神戸100年
映画祭顧問)によるトーク

必ずご予約下さい。先着40名さま。
(会員のかたはその旨、お知らせください)

世界の映画の黄金時代と言われるのは、第二次大戦後の約十五年間。当然、
技術的にはアナログの時代である。映画人は情熱を結集し、創意工夫を重ね
て、戦争によって露呈した人間の本性の描写、社会描写に打ち込んだ。現在、
映画製作の土台はデジタル技術に移行し、表現の可能性が格段に広がった。
にもかかわらず、映画は訴える力を大きく後退させてしまった。なぜか?ア
ナログ時代の傑作中の傑作で、世界に日本映画とクロサワの存在を知らしめ
た「羅生門」の映画作りを見直すことで、総合アートとしての映画における
アナログ、デジタルの特質とその境界線について考えてみたい。

「羅生門」(1950年 大映)ベネチア映画祭グランプリ 88分
原作・芥川龍之介 監督・黒澤明 撮影・宮川一夫 脚本・黒澤明、橋本忍 
音楽・早坂文雄 出演・三船敏郎、森雅之、京マチ子、志村喬、千秋実

==================================
3 展覧会紹介 
==================================
上村亮太の世界 No.2 多くの方が来て下さいました。 
本日、最終日です。17:00まで
http://gallery-shimada.com/?p=4317

細井美奈子展 LOVE PEACE 2017 明日27日(木)16:00 まで
http://gallery-shimada.com/?p=4332

==================================
4 今日の言葉 一本の鉛筆
==================================
1.あなたに 聞いてもらいたい
  あなたに 読んでもらいたい
  あなたに 歌ってもらいたい
  あなたに 信じてもらいたい
  一本の鉛筆があれば
  私は あなたへの愛を書く
  一本の鉛筆があれば
  戦争はいやだと 私は書く
2.あなたに 愛をおくりたい
  あなたに 夢をおくりたい
  あなたに 春をおくりたい
  あなたに 世界をおくりたい
  一枚のザラ紙があれば
  私は子どもが欲しいと書く
  一枚のザラ紙があれば
  あなたを返してと 私は書く
  一本の鉛筆があれば
  八月六日の朝と書く
  一本の鉛筆があれば
  人間のいのちと 私は書く

【作詞】松山善三
【作曲】佐藤 勝
美空ひばり 「広島平和音楽祭」にて
https://www.youtube.com/embed/2iennv9YhlA

「永六輔の伝言 僕が愛した『芸と反骨』」p144 から

ひばりさんは亡くなる一年前に東京ドームで「不死鳥コンサート」を行い、
そのまま救急車で病院へ直行。
「広島平和音楽祭」はその数か月後だったことが書かれています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━