■□■□ 2017年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1308号 4月2日 

■□■□ 2017年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1308号 4月2日 
 
           寄贈&寄贈仲介について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          
1 蝙蝠日記   ギャラリー 島田という役割

2 展覧会案内  中田誠展 〈海からの関係7〉
         始まりました。会場風景をご覧ください。
        
3 今日の言葉
  べつに監視されても構わない。自分はなにも悪いことをしていないから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   ギャラリー 島田という役割(続)
==================================
前回に作品の寄贈プロジェクトとして304点の作品を納めてきたことを報告
しました。
寄贈及び寄贈仲介については、私のオフィスで、寄贈先と寄贈作家名をご覧
いただくことはできます。事前にお問合せ下さい。

==================================
2 展覧会案内  中田誠展 〈海からの関係7〉
==================================
会場風景をご覧ください。
画像をクリックしてください。
http://gallery-shimada.com/?p=4295

==================================
3 今日の言葉
==================================
『べつに監視されても構わない。自分はなにも悪いことをしていないから』
と言う人たちは、これが自分の行いがいいか悪いかとまったく関係ないこと
を理解していません。
この問題はそうではなくて、市民社会と最も特権と影響力を持つ役人たちと
の間の力のバランスの問題なのです。
プライバシーがなくても構わないと主張する人は、表現の自由なんかなくて
も構わないと主張しているのと同じです。自分には言うことがなにもないか
ら、と。

「スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録」(P173)
小笠原みどり著より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガの配信停止を希望される方は下記からお手続きください。
バックナンバーも下記でお読みいただけます。
メルマガ登録・解除フォーム http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━