Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1278号    12月6日 

■□■□ 2016年12月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1278号    12月6日 
  
          品格という死語

1  蝙蝠日記  書棚を振り返れば 

2 展覧会   石井一男展・須飼秀和展 最終日です。17:00までです。

3 神戸塾 サロンのご案内
12月10日 「花森安治装釘集成」出版記念トーク 

4 今日の言葉 
「サイト」に限りなくこだわることによって逆に「ノンサイト」」に広がることをめざす・
・・・

メルマガの配信停止を希望される方は下記からお手続きください。
バックナンバーも下記でお読みいただけます。
メルマガ登録・解除フォーム
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
========================================
■■ 蝙蝠日記  ふるさと納税と市民メセナ
連日で相済みません。
書かずにおれません。
昨日の神戸新聞のオピニオンに片山善博さんが「税かすめ取る行為 即刻廃止を」と
書いておられました。片山さんは鳥取県知事時代に阪神大震災のころに鳥取も地震被災県
であることもあり私たちと交流がありました。

 ふるさと納税で寄付を集めるために絞る知恵は、振り込め詐欺の連中が絞る知恵に
似ている。自治体もよその自治体の税を奪うためにではなく、もっとまともなこと
に知恵を働かすべきではないか(片)

この仕組みが、ふるさとに恩返しするという志や本来の寄付と精神とは全く遠い制度であ
り、むしろ冒涜ですらあり、ほんらい納税すべき地域の税を「返礼品」をだしにしてかす
め取ることであり、それを国が奨励し、自治体が狂奔し、メディアが煽っている。

 そろそろ年末の税制改革作業が本格化する時期を迎える。来年度の税制改正では、
いの一番にふるさと納税を廃止するよう提言したい。(片)

市民の寄付といえば来年25周年を迎える公益財団法人「神戸文化支援基金」が1992年
に市民メセナとして取り組み、全国で初めてのケースと言われました。
寄付者には何の見返りもないから市民メセナでした。
それが、様々な試練と社会的な意識変革のなかで2011年に公益財団法人「神戸文化支援基
金」となりました。
今までに184件の意欲的なプロジェクトを助成し、東北大震災への支援も行ってきまし
たが、そのことの積み重ねこそが、寄付の志を繋いできたのです。「返礼品」とは全く遠い
ことこそが尊いことですし、全ての運営も無償の行為です。

多くのNGO/NPOや活動団体が資金や寄付を求めて厳しい努力を続けています。
「ふるさと納税」は他地域の税をかすめ取るだけではなく、こうした団体への寄付をもか
すめ取り、何より地域や社会に貢献するという心(志)を毀損している愚かな制度である
と思います。

椅子を回して書棚を振り返れば新書コーナーにすぐに「国家の品格」(藤原正彦、新潮新書
2005)「女の品格」(坂東眞理子、PHP新書2006)が眼に入りました。
10年一昔。
品格という死語を嘆かねばなりません。でも廻りを見回せば、そんなことはありません。
多くの美しい品格を持った人に囲まれ支えられているからこそ、私たちの存在がありえる
のです。
ありがたい、在り難いことです。
こころから。

■■
第323回 神戸塾 土曜サロン
12月10日(土)17:00から土曜サロン 
「花森安治装釘集成」唐澤平吉・南陀楼綾繁・林哲夫編 みずのわ出版 出版記念トーク
林哲夫さんが装丁+エディトリアルデザインをされた会心作について語っていただきます。
(無料ですが人数把握のためご予約をお願いいたします)
http://sumus2013.exblog.jp/27033185/
林哲夫展「ヴァン・ゴッホへの道」の関連企画です。
http://gallery-shimada.com/?p=4132

■■
今日の言葉
そこに暮らす人びとが見てなかったなにか、考えてなかった何かを「部外者である私」
がそこにいくばくかなりとも具現化させようという活動は、そこにあるその社会が抱えて
いるいくつかの問題に、これまでとは違ったかたちでアプローチしていこうという地元の
人たちの意向と合流し、結果として新しい場(サイト)を出現させる。「サイト」に限りな
くこだわることによって逆に「ノンサイト」に広がることをめざす・・・・
鷲田清一「素手のふるまい」 アートがさぐる<未知の社会性> p13

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com