Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1268号       11月13日

Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1268号       11月13日
   
    妖しくも静謐
                                                 
1 展覧会案内  松原政祐の世界 ―― 生きるものたちへ  
         友定聖雄  Glass Works 2016  妖しくも静謐     
2 神戸塾 木曜サロン  「バッハ 無伴奏チェロソナタの夕へ no.3」

3 今日の言葉  残りの人生をもっと面白くしたい

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
=========================================
■■
蝙蝠日記    お休みです。

展覧会案内
友定聖雄  Glass Works 2016  

「光を反射するとともに内に抱き、剛性にして脆弱、色を含めば華麗、含まねば透明。
刻々に変転する光を孕み込みながら屹立するオブジェは時に壮大な宇宙として輝き、時に深い
沈黙の内に祈る。」

夜にまた美しい姿を見せる。妖しくも静謐。松浦友与のレポートです。
  http://gallery-shimada.com/blog/?p=6781 
■■
神戸塾 木曜サロン  「バッハ 無伴奏チェロソナタの夕へ no.3」
弦の王国チェコを代表するチェリスト、ミハル・カニュカ さんをお迎えしてのシリーズ
「無伴奏チェロソナタの夕べ」no.3をお楽しみいただきます。

今までは神戸でのコンサートに関連しての開催でしたが、今回は、わざわざ駆けつけてください
ます。

今回はバッハの第2、第4の二つの組曲に加えて大変珍しいフロコフィエフ(1952 年に作曲し、
未完のものをロストロポーヴィッチ が補筆)の無伴奏チェロ組曲をお聴きいただきます。
2 0 1 6年 1 2月 8日 ( 木 )18:30 開演 [18:00 開場 ]
会場 : キャラリー島田 B1F
会費 : \2,500 (ASK 会員:\2,000) *予約お急ぎ下さい
詳細は下記でご覧ください。
http://gallery-shimada.com/salon/?p=335

■■今日の言葉
これから痛くなったり苦しくなって「もう無駄口もたたけなくなるやろうけど、無駄口をた
たける間はたたくし、絵を描ける間は描くし、生きれる間は生きる。
高杉普作の辞世の句「おもしろきこともなきよをおもしろく すみなすものはこころなりけり」
をもじって「おもしろきこのよをもっとおもしろく すみなすものはこころなりけり」。これで
行きたい。
ぼくが生きてきた時代は物がなかった時代もあったし、高度成長で者が溢れたこともあったし、
情報過多になることもあった。そうした時代を生きられたのは面白かったとぼくは思っているし、
決して悪い時代ではなかったと思う。でも、残りの人生をもっと面白くしたい」
東野健一(ポト=インド絵巻物 作者・語り部)
健康保険組合連合会 月間「健康保険」2016年6月号 から

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com