Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1252号    9月22日 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1252号    9月22日

Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1252号    9月22日
     
           新しい才能の発見
     
1 蝙蝠日記   お風邪など召しませんように
2 展覧会案内  白の領域・黒の領域 (コレクションから) 
三浦考宜展 
3 第319回金曜サロン 名倉誠人レクチャー・コンサート
            9月23日(明日)              
4 「ギャラリー島田の仕事と社会とのかかわり」
  9月25日(日) 14:00−16:00 甲南大学
4 今日の言葉  芸術は現実との沸騰的な交渉ののちに生まれるのだ。
 

登録、解除は下記から

メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
蝙蝠日記  GalleryShimada Emerging Artists Series

38年目に入っているギャラリー 島田です。
ここでデビューをした作家、ここを主たる場として活動する作家の皆さんが
ギャラリー を支えて下さっています。
そして若いスタッフたちが未来を担おうとしています。

今年から始まったEmerging Artists Seriesは、新しい才能を紹介するものです。
その第1回が10月1日から始まる櫻井類展です。
http://gallery-shimada.com/?p=3941

ギャラリー島田HPではずらっと、ここしばらくのスケジュールがアップされました。
ご予定下さい。
http://gallery-shimada.com/
■■
ギャラリー島田ではこれからも登場するEmerging Artistsだけではなく、挑戦する
作家を紹介し続けていきます。
現在、2017年のスケジュールを確定しようとしています。
私たちの理念をよく理解されたうえで、希望される方はコンタクト下さい。
http://gallery-shimada.com
島田誠が対応させていただけるのは原則、日曜日の13:00−17:00といたします。
(事前のアポイントが必須です)
info@gallery-shimada.com

第319回金曜サロン 名倉誠人レクチャー・コンサート
ご予約、お急ぎください。
台風の余波で心配されたベンジャミン・ボイルさんが、神戸のホテルにチェックインされ
その足で昨日の朝10:30にはギャラリー 島田へこられピアノを弾かれていました。
今朝も、明日も
だそうです。
ベンジャミン・ボイル作曲「マリンバ協奏曲」(2015年作曲・日本初演)をめぐって。

2016年9月23日(金)19:00開演(開場18:30)  会費: \2,000 *
特別料金:9月25日松方ホールでの演奏会チケットをご提示いただくと1,000円 
(当ギャラリー受付でも購入できます。)
ギャラリー 島田のブログでチラシをご覧いただけます。
http://gallery-shimada.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/319_%E5%90%8D%E5%80%89%E8%AA%A0%E4%BA%BA.pdf ■■三浦考宜展  9月17日(土)−22日(木)
本日、最終日です。⒗:00まで。
多くの作家の皆さんが運ばれました。
画家としての覚悟を抱いての出航です。
■■
島田がお話しします。
「ギャラリー島田の仕事と社会貢献」 主催:NPO法人想像文化研究組織ICI
9月25日(日) 14:00−16:00 甲南大学10号館1階1014教室 会費800円

「社会貢献」とは大げさですが、社会とのかかわり方を、物語として豊富な
画像と資料で楽しくお話ししたいと思います。
       
全体のキーワードは「居場所」です

どなたでもどうぞ。(予約が必要です)
受付は想文研事務局 080-8946−5171 またはギャラリー島田まで。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/badmc104/college.html
■■■
今日の言葉
私は自然と人間を相対するものとしては考えられない。私は生きることに自然な自然さという
ものをとうとびたい。
それを<自然>とよびたい。
これは奥の細道に逃れるような行為とは大きく矛盾するのである。
私が創るうえで自然な行為というのは現実との交渉ということでしかない。
芸術は現実との沸騰的な交渉ののちに生まれるのだ。
「音、沈黙と測りあえるほどに」P15
蝙蝠から
今年は、武満徹 没後20年になります。
10月15日から武満徹ゆかりのトロント(カナダ)から斉藤祝子さんをお迎えして
オマージュ展を開催。
武満徹ギター曲による谷辺 昌央(たにべ まさお)さんによるサロンコンサートもございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com