Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1239号  8月20 日

□■□2016年8月

Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1239号  8月20 日

   心新たに         
              
1 蝙蝠日記    心新たに
2 展覧会案内   東影智裕展   Restore Point 復元ポイント  今日から
          東影美紀子展 ふとした思い
3 今日の言葉  ポーランドへの不思議な道筋を感じて。

登録、解除は下記から

メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■■蝙蝠日記  心新たに
夏休みを満喫したスタッフが元気な顔で揃いました。

6月、7月は壮絶な日々でした。
「加川広重記録集―フクシマ」の編集追い込み・完成・送付。
ギャラリー島田Troisの工事、ご披露や、それにまつわる倉庫の工事。
140名が参加する「Now the time to go」。
KOBE ART AWARDの贈呈式。

そして今日から新しい展覧会がはじまります。

心新たに。
ギャラリー島田  アート・サポート・センター神戸 公益財団法人「神戸文化支援基金」
この三つの柱をスタッフ 外部スタッフ インターンといったチームが有機的に連携しながら
COMONSを形成していきます。
スタッフにはそれぞれのDESKTOPのPC.そのほかにもNote PC。どこでもPC作業が出来
る環境になりました。それらは外部スタッフのPCともやりとりしながら。
(こうした環境整備は島田陽建築事務所が手伝ってくれました)

インターンさんもドイツからのマティーナさんは8月で卒業、新たにブルガリアやフランス系
の方を含め3名の方が加わりました。


東影智裕展 Restore Point 復元ポイント  8月20日(土)〜8月31日(水)B1F
東影智裕は若手造形作家として最も注目され、自身の世界を拡げ、それがまた確実に評価
されてきました。
2011年にミニアテュール神戸展に招待、そしてこの年に東影が本格的に認められることになる
龍野アートプロジェクトへと繋がっていく。

東影さんのギャラリー島田での2012の展覧会は
http://gallery-shimada.com/?p=762

東影さんの2014年の展覧会は
http://gallery-shimada.com/?p=2042
この年、姫路市立美術館での「郷土の作家たち展」に招待。

2016年
「五島記念文化財団 第27回五島記念文化賞」を受賞。海外留学先としてポーランドを選び、
夫妻で 来年、一年間の在外研修を行う予定。そして帰国展。

今、ここでは作品については語りません。
その衝撃は、やはり実際に見ていただくしかありません。
東影智裕のHPは下記
http://higashikage.info/higashikage-tomohiro-top/

今回の個展は今までの東影展に比して、大規模なものです。
まだブログでは設営風景しかご覧いただけませんが・・・
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6563


東影美紀子 ふとした思い  8月20日(土)〜8月25日(木)1F deux
東影さんのパートナーで銅版画家。ギャラリー初登場です。誠実でユーモアを
含んだ美しい作品です。版画の技法ですが、今回は、すべて一点もの。
そして版画技法を発展させた作品も。
ポーランド研修を経ての展開が楽しみな作家です。6日間の展示です。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6576
■■ 今日の言葉
東影智裕さんによるエッセイ「美の散歩道」(画廊通信2016年8月号)から

昨年、姫路市立美術館の不動美里さん、神奈川県立近代美術館の李美那さんに推薦いただき、
今年の春、五島記念文化財団より、第27 回五島記念文化賞 美術新人賞を受賞し、来年3月
からポーランドに1年間研修に行く機会をいただきました。
少し前までは自分が海 外に行くなんて考えたこともなかったのですが、そんな僕がポーラン
ドを研修先に選んだのは、今思えば驚くほど自然に道筋ができて いたような気がします。

元々はポーランドがどこにあるかも知りませんでした。ポーランドを知るきっかけは、2011
年に、高校の先輩である、画家の須飼秀和さん、陶芸家の大庭和昭さんに誘っていただき、
地元姫路で初めて展示を行った際に、ポーランドの近、現代美術の研究者、加須屋明子 さん
にたまたま作品を見ていただき、芸術監督をされる龍野アートプロジェクトに参加させていた
だいたことがポーランドを知るきっかけになりました。
その後、ポーランドの作家、カントル研究会や東欧、中欧の現代美術などのシンポジウムで、
ポーランドについて興 味を持ち出していたところ、昨年の11月にワルシャワ大学日本語学科
で行われた、「日本学国際学会日本の文化と宗教における動物」 に参加し自作について発表
する機会与えていただき、ポーランドが初めてのヨーロッパ訪問になりました。

僕は東北の空気感に憧れて 、神社の軒先や橋の下で野宿をしながら東北をうろうろしたこと
があるのですが、ポーランドに訪れた際、東北と空気感が似ていると感 じました。
高校時代に平和記念資料館、原爆資料館、大久野島など、戦争遺産に触れる機会があったので
すが、ポーランドにも戦争の負の遺産があり、その場所に行く流れもあったのかも知れないと、
ポーランドへの不思議な道筋を感じています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com