□■□2016年7月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1234号  7月26日

□■□2016年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1234号  7月26日

           銀河鉄道の夜
         みんなのさいわい探しに行く

1 蝙蝠日記  いまこそわたれわたり鳥

2 展覧会案内  上村亮太展  「続・続・SF 」

3 サロンコンサート 上村亮太 リコーダー部コンサート 本日19:00から

4今日の言葉  生きていく上でもっとも大切なことは「よき人」との出会い

登録、解除は下記から

メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■■蝙蝠日記  静かに輝く天の川
「Now’s the time to go!」  いまこそわたれわたり鳥

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のシーンが、今年のテーマです。
夏の夜、静かに輝く天の川。140名を超える作家たちが「みんなのさいわいを探す」旅を
しました。

作家のみなさんは下記に
http://gallery-shimada.com/?p=3828
加えて
内海聖子 杉本たけ子 坪田昌之 静香 烏頭尾寧朗さんが。

とても見応えのある展覧会になりました。そして、お求めやすい価格にも驚かれ、
喜ばれること請け合いです。

お運びください。

■■銀河鉄道サロンコンサート 本日
リコーダー部コンサート 7/26 (火)19:00~入場無料です。 地下にて。
予約も不要です。
上村さんのメッセージです。
19:20頃より のんびり演奏出来れば、と思っていますので、是非、気軽に
お越し下さいませ。
新曲も演奏するかも!?。

■■ 
上村亮太展「続・続・SF 」  
今年から来年にかけて、上村さんの世界を系統的に紹介することに取り組みます。
上村さんの深い世界を世に出していくのは私に課せられたことだと思っています。
今、この人を見よ!!
http://gallery-shimada.com/?p=3825
■■ 今日の言葉
マーサと私の関係は、いつも私が支える側のように私自身も思いがちですが、
実はマーサのおかげで、私はとても広い世界を知ることが出来、そこから学ぶ
ことや、そこから広がる人間関係が人生を豊かにしてくれました。
 
 長く複雑な人生を生きていく上でもっとも大切なことは「よき人」との出会いではないかと
思います。
 自分ひとりの力だけでは限界があって、そこでよき他者と出会っていくことで、人生の新し
い扉が開かれていくと思います。
 この「扉」は自分の力ではなかなか開けることが出来なかったり、またそこに扉があること
に気が付かなかったりします。

 他者と出会いながらその扉を開けていくことが人生の喜びにつながると感じています。

    美木朋子 マーサとの その後の物語  マーサを支える会刊行 300円(税込み)

蝙蝠から
ここにも「みんなのさいわいさがしに行く」ひとがいます。

マーサさんのことは下記でお読みください。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201510/0008500307.shtml

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.com