Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1226号  6月24日

□■□2016年6月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1226号  6月24日

        二つの展覧会へのお誘い
          
1 蝙蝠日記  怒涛のような日々に
2 フランティシェク・ノボトニー 無伴奏ヴァイオリンソナタの夕べ (第3回) 
2 今日の言葉  風の砦    心を最後の最後の砦として   伊津野雄二

登録、解除は下記から

メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■■蝙蝠日記  何やらいやな予感
EUからイギリスが離脱
日本もひどいことになっています。
でもギャラリー 島田は溌剌と元気です。

毎日が謝肉祭のスズキコージ、大畑イクノ展から
静謐きわまりない伊津野雄二展「残されし者」展
http://gallery-shimada.com/?p=3775
豊かな色彩で繊細な表現に奥行きを増した元永紅子展、
Silver&Color Works
http://gallery-shimada.com/?p=3783

スタッフブログが会場風景を紹介しています。
伊津野雄二展  何という美しさ!!
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6485
明日 17:00からご夫妻を囲みます。
どなたでもどうぞ。

元永紅子展 なんとお洒落な!!
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6487
■■
伊津野雄二さんの空間で!!
第315回 神戸塾・日曜サロン
フランティシェク・ノボトニー 無伴奏ヴァイオリンソナタの夕べ (第3回)
6月26日(日)19:00から
会費:3,000円 (ASK会員2,000円)[残席 10名] 
■■
今日の言葉
 風の砦
遠雷にかき消される花蜂の羽音
おたけびの底にしずむすすりなき
ざわめきの中の深い吐息
閃光にかきけされた やわらかな午後の陽光

この美しい調和のなかの軋みを
軋みのなかの調和を
夏草にかくれた鉄のにおいを
そして錆鉄をおおう夏草を

みえるもの みえないもの
きこえるもの きこえないもの
そして ふれることのできぬ
そのすべてを

この華やぐ しずけさのなか
ひとりふるえる アスペンの葉のように
耳を深堀となし
目を城壁となし
心を最後の最後の砦として
       ―― 風の砦

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.com